並みの馬では出せない32秒9 勢力図を塗り替えたダノンキングリー

佐藤直文 レース回顧
共同通信杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2歳王者との無敗対決を制す ダノンキングリー

 4戦無敗の2歳王者アドマイヤマーズがハナを切って、前半1000mは61秒5。結果的にはペースを落とし過ぎたのかもしれないが、目標とされるポジションで、しかも初距離初コースだったことを思えば、この馬の評価自体を下げる走りではなかったように思う。

 ダノンキングリーは、パドックではうるさい面を見せていたが、母の父ストームキャットなら許容範囲と言えるレベルだったろう。実際に、今日のスローな流れでも内々をキッチリと折り合って3番手の絶好位。前に目標があるだけに、競馬もしやすかったと思うが、直線でもアドマイヤの直後で進路を窺いながら、躊躇せず内に併せて行ったのも、それだけ手応えがあったからこそで、スローであっても上がり32秒9は、並みの馬では出せない数字だ。更なる距離延長となるクラシックの舞台への期待も高まるが、今日のところはペースが落ち着いたことで初の1800mをこなせた可能性もある。本質はマイラー、という感も拭えないが、無敗対決で2歳王者を降した意義は大きいはずだ。

ダノンキングリー

上がり32秒台の末脚で2歳王者を破ったダノンキングリー(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アドマイヤマーズは、ペースメーカー不在の少頭数で、前述したように目標とされる形だったことを考えれば、この結果でも競馬っぷり自体は悪くはなかった。3着には4馬身もの水を開けているのなら、この先の距離延長にも対応できると思える。

 3着クラージュゲリエは、結果はともあれ自分の競馬はできていた。最後もしっかり伸びていただけに、悲観すべき内容ではないだろう。

 4着フォッサマグナは、一気の距離延長に対応できていない走りだったが、まだまだこれからの馬か。

 5着ゲバラは、今日の流れで最後方からでは厳しいと言えたが、もっと距離が延びていいタイプかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル