善臣Jが溜まりに溜まった脚を 久々尽くしでデンコウアンジュ

佐藤直文 レース回顧
福島牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人馬とも健在ぶりをアピール デンコウアンジュ

 1000m通過ラップが62秒2の超スローペース。通常なら前残りの流れになるはずだが、あまりにも遅すぎたために馬群が凝縮し、しかも直線向いてヨーイドンの瞬発力勝負になったことで、結果、差し・追込勢が上位を占める形となった。

 デンコウアンジュは、今日のペースでも自分の競馬に徹して後方から。勝負どころで後ろからダノングレースがマクリ気味に動いたが、やり過ごしたことにより、直線で溜まりに溜まった脚を爆発させた形だ。2歳秋のアルテミスS以降、長く勝利から遠ざかっていた馬だが、近走でも能力に衰えがないことを示しており、これまた久々の重賞勝ちとなった柴田善臣騎手が、持ち味を最大限に引き出したと言える。

 2着フローレスマジックは、中団でジックリと脚を溜めて運んだことにより、直線で横並びの叩き合いに競り勝ったが、外から一気に脚を使った勝ち馬には抵抗できなかったもの。早目に動いて最後に甘くなった前走の反省をふまえての競馬だったと思えたが、逆に今日の流れならもうワンテンポ早く動いていたら、の感も受けた。いずれにしろ、牝馬同士ならいつでも重賞に手が届くだけの力はある。

 3着ダノングレースは、立ち遅れ気味のスタートだったこともあってか、序盤はジックリと最後方から。スローペースに業を煮やして、3角から仕掛けて外をマクって行ったが、前のペースも上がったことでマクリ切れず、直線でもジリジリとしか脚を使えなかった。仕方のない状況ではあったが、基本的に小回り向きではないだろう。

 4着ペルソナリテは、後方から4コーナーでロスなく内を回って直線で差を詰めたもの。いい形の競馬はできたように思うが、ここまでが精一杯だったか。

 5着ミッシングリンクは、好位で流れに乗り、勝負どころのペースアップにも対応して見せ場を作ったが、最後に苦しくなって内にモタれてしまった。芝を使うのは久々だったが、立ち回りひとつでは重賞でもやれそうな馬かもしれない。

 ランドネは、前走の中山牝馬Sが好位でジッとしているうちにポジションが悪くなり直線で進路がなくなった不完全燃焼のレースだったが、その反省をふまえるどころか、今回もまた全く同じ形の競馬。控えたからと言ってキレる脚を使えるわけではないだけに、この形では結果が出なくて当然だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル