シュヴァルグラン の記事一覧

12

全24件中 1~20件目を表示

サトノダイヤモンド

TM人気は「サトノD>武豊キタサン」 今年ラストの馬券1万円勝負

今年はクリスマス決戦となる有馬記念。3歳勢としては唯一の参戦となった菊花賞馬サトノダイヤモンドに、ゴールドアクター、キタサンブラックなど、昨年の上位入線組も揃う豪華メンバーで、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。ハッピークリスマスを迎えるのは、果たして誰か?

シュヴァルグラン

武豊キタサンはランク外、サトノDは5位 有馬記念の調教BEST5

有馬記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。栗東は濃霧のアクシデントもありましたが、各馬の評価は如何に…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

キタサンブラック

歴史に刻まれる逃走劇 天才のアシストでキタサンブラック

1番人気でもスイスイ武豊キタサンブラックこれまでの35回の歴史で僅か2度しかなかった逃げ切り決着となったわけだが、過去の2頭はともに伏兵馬に...

キタサンブラック

名手ムーアのリアルVS天才武豊のキタサン TM馬券対決もヒートアップ

今週は秋開催の掉尾を飾るジャパンカップ。新旧のクラシックホースに昨年のグランプリホース、ここでGI初制覇を目指す馬も揃って、上位は拮抗ムードだ。そして、今年は3頭にとどまった外国からの参戦馬にチャンスはあるのか。優馬TM陣の答えは如何に。

ゴールドアクター

武豊キタサンは調教ランク3位! トップは大迫力の動きを見せたアノ馬

ジャパンカップ出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。秋古馬三冠の2戦目、有力馬達の調整過程のジャッジは如何に…。全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

シュヴァルグラン

余裕仕上げ、トップハンデものかは 地力発揮シュヴァルグランが完勝

着差以上の完勝でシュヴァルグランが出世街道のチケットを確たる逃げ馬が不在のメンバー構成にあって、注文通りにクリールカイザーがハナを切る展開と...

アルバート

混戦アルゼンチン共和国杯 「イキナリ勝ち負け」アルバートに本紙武井は◎

実績馬アルバート&シュヴァルグランに新鋭モンドインテロが迫るデスク「ここをステップにジャパンカップや有馬記念を目指しそうな馬もいれば、長距離...

ワンアンドオンリー

アルゼンチン共和国杯は、上がり馬と実績馬をミックスして万券狙い

この秋、秋華賞を勝った友道厩舎は3頭出し。先週の天皇賞を勝って勢いにのる堀厩舎はアルバートで参戦。GI戦線へ名乗りをあげるためには負けられな...

マリアライト

掛け値なしに強かったマリアライト 2着ドゥラメンテは底力を見せるも…

強力4歳勢を捻じ伏せてマリアライトが宝塚で女帝の座に昨年のジャパンカップが2分24秒7の決着だったのに対し、ドゥラメンテのダービーは2分23...

ドゥラメンテ

厩舎担当コジが断言「ドゥラメンテに不安なし」 宝塚TM座談会

上半期の総決算となる“サマーグランプリ”宝塚記念。二冠馬ドゥラメンテ、天皇賞を制してファン投票1位で臨むキタサンブラックの4歳勢に、復権を賭ける昨年の覇者ラブリーデイ。もちろん、ここでGI初制覇を目論む馬も揃う中で、優馬TM陣も上半期のラストを締めくくるヒットを狙う。

キタサンブラック

ドゥラメンテは3位、武豊キタサンは… 宝塚記念の調教BEST5

宝塚記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ドゥラメンテを筆頭に海外帰りの強豪達の仕上がりは如何に?全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

ドゥラメンテ

優馬編集長日誌 6月23日号「宝塚は4歳馬と心中」

上半期は4歳馬にオルフェーヴルやゴールドシップが引退した後、ラブリーデイが昨年の宝塚記念を勝ち、昨秋の天皇賞も勝った時には、この馬の時代がや...

キタサンブラック

ハナ差でも文句なしの完勝 武豊に導かれ2度目のキタサン“まつり”

平成の盾男に導かれキタサン“まつり”第2章古馬最高峰の座を賭けた天皇賞・春。◎の期待に応えてくれたキタサンブラックの走りを堪能した一戦であっ...

ゴールドアクター

昨年V横山典が乗りたかった馬とは… 座談会にトレセン生情報が集結

古馬最高峰の座を賭けた天皇賞・春。前哨戦の日経賞でライバルたちを退けたゴールドアクターが、有馬記念に続いて2つ目のタイトル獲得となるのか。近年は1番人気受難の傾向もあり、波乱のドラマが生まれるのか。GWなど無縁の優馬TM陣が徹底討論。

サウンズオブアース

GI未勝利馬が1位で波乱の予感? 天皇賞(春)・調教BEST5

競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。天皇賞(春)出走馬の中から、調教・最終追い切りの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ゴールドアクターで磐石か、サウンズオブアースの逆転か。天皇賞(春)の追い切り評価1位は…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

ゴールドアクター

春の盾、データ班は2頭軸で勝負! 選ばれたのはゴールドアクターと…

ゴールドアクターが更なる連勝街道を突き進むのか、サウンズオブアースが逆転を果たすのか、それとも勢いある4歳勢の下克上か。例年以上にヒートアッ...

シュヴァルグラン

優馬編集長日誌 4月28日号「マラソンランナーは痩せている」

昨年はフェイムゲームが2着昨年の天皇賞(春)ウィークの当欄で"長丁場は小さい馬の方がいいのではないか"といったことを述べさせてもらった。マラ...

シュヴァルグラン

快勝シュヴァルグラン 抜群の操縦性はまさしく“ステイヤー“

春の盾へ大きく前進シュヴァルグランレース序盤で12秒台前半のラップが続く長距離戦としてはタイトな流れ。スローに落としての瞬発力勝負では分の悪...

シュヴァルグラン

「勝って本番へ」 初重賞を狙うシュヴァルグラン陣営は超強気

勢い持続か?重賞の壁か?シュヴァルグランデスク「このところずーっと“ゴールドシップの相手探し”という状況が続いていたレースだけど、今年は上位...

トーホウジャッカル

シュヴァルグランに3000mは酷? 阪神大賞典データ予想

過去10年で1番人気馬が馬券外に沈んだのはわずかに1回。オルフェーヴルの逸走やゴールドシップの3連覇など、数々の名シーンを生み出してきた伝統...

全24件中 1~20件目を表示

12

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル