先週は高額配当的中! 上田編集長が朝日杯FSの高UK値馬をチェック

優馬編集長日誌
朝日杯フューチュリティS

きさらぎ賞 6人気3着クールミラボー◎で的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

朝日杯は高UK値馬7頭 特別にプラス1頭

 そろそろ、今週の話題に入ろう。今週のGIは朝日杯フューチュリティS(阪神・日曜)。走る舞台は阪神の芝1600mだから、いつも通り±200mの芝1400~1800mで高UK値をマークしている馬のチェックから入る。登録馬のうち該当馬は次の7頭。

イモータル    (2走前)
エアスピネル   (前走)
シュウジ     (3走前)
ショウナンライズ (2走前)
タイセイサミット (2走前、4走前)
ツーエムレジェンド(前走)
ハレルヤボーイ  (3走前)

 今回は これらの馬以外に1戦1勝のリオンディーズについても述べておきたい。高UK値はマークしていないのだが、新馬勝ちは高UK値に近い値、その舞台は京都の芝2000m。今回の1600mとは400m違うのだが、芝2000mの新馬戦、しかも関西圏のレースといえば来年のクラシックを狙う素質馬が集まりやすい条件。実際、そのレースの2着馬は次走を6馬身差で圧勝、4馬身差以上の差をつけた3着馬も次走で勝ち上がっており、レベルは高かったといえる。そんなデビュー戦を快勝したなら(しかも高UK値に近い値で)、素材的に無視するわけにはいかない。母は日米のオークスを制したシーザリオ、兄には昨年のジャパンCを勝ったエピファネイアがいる良血でもある。

 エアスピネルは重賞の前走で高UK値、距離も朝日杯フューチュリティSと同じ芝1600mのものだけに価値がある。その前の新馬戦でも高UK値に近い値をマークしているだけに高い評価をしなくてはなるまい。

 ツーエムレジェンドは前走の未勝利戦(芝1600m)で高UK値。レースでは外を回りながらも高い数値を叩き出した。未勝利を勝ったばかりで人気はないだろうが、高配当狙いで押えたい馬。

 ショウナンライズは2走前の未勝利勝ち(芝1400m)が高UK値。新馬戦でも高UK値に近い値が出ている。久々もあってか前走は高UK値といかなかったが、今回は叩き2戦目。上積みを見込んでいい。

 シュウジの高UK値はOP特別でのもの。その点ではツーエムレジェンドやショウナンライズの高UK値より評価できる。2着だった前走でエアスピネルに付けられた0.6秒の着差は小さくないが、今回は叩き2戦目。高UK値をマークした時も叩き2戦目だっただけに怖い存在か。

 イモータルは2走前の新馬戦で高UK値。素質馬が集まりやすい芝1800mでのものだった。前走から2ヶ月余りのレース間隔があいている点と騎乗を予定していたムーア騎手が乗れなくなった(騎乗停止)ことは気になるところだが、能力は一級品。

 タイセイサミットは前走で掲示板(5着以内)を外しての6着だったが、高UK値を2度もマークしている点が魅力。ハレルヤボーイは前走で、そのタイセイサミットに先着。高UK値は中山の芝1600m。登録馬のうち、急坂があるマイル戦で高UK値をマークしている唯一の存在。

ハレルヤボーイ

急坂がある中山で高UK値を出したハレルヤボーイも面白い存在(撮影:日刊ゲンダイ)

 

それでは最後に先週の高UK値馬を

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

きさらぎ賞 6人気3着クールミラボー◎で的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

きさらぎ賞 6人気3着クールミラボー◎で的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル