【大阪杯】エフフォーリアvsジャックドール 注目の直接対決を制すのは?!

想定班レポート
大阪杯

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~美浦の“いぶし銀”大江原TMの狙い馬~

先週のドバイシーマクラシックでシャフリヤールが復活V。今週は昨年の年度代表馬のエフフォーリア(美浦:鹿戸雄厩舎)が始動する。両雄の対戦は待ち遠しいが、新星ジャックドールの挑戦を受ける大阪杯も興味深いレースになりそうだ。勢いのある上がり馬も魅力的には映るが、本命はやはりエフフォーリア。この馬の強さは周知の通り、秋2戦で強豪古馬を次々と撃破し、現役最強の座を証明。その王者に勢いでジャックドールがどこまで迫れるか…が焦点となるだろう。馬券的な妙味は薄いが見て楽しめるG1となりそうだ。

エフフォーリア

エフフォーリアは始動戦を飾りGI4勝目なるか

今週の中山開催は担当の高橋裕厩舎をピックアップ。日曜中山2Rのホワイトガーベラは初めての競馬で戸惑いがあったか、ゲートが開いても直ぐに反応できずに後方から。既走馬が相手だけに普通なら万事休すでもおかしくない状況だったが、エンジンが掛かってからの伸び脚はさすが。上がり最速で3着と能力の高さを示した。「叩いて動きが良くなったしゲート慣れも見込める。ここはチャンスだろう」と師も好感触で、人気は集めそうだが軸に信頼できる一頭だ。

土曜中山9Rタイセイスラッガーの前走は立ち遅れる不利はあったものの、道中で上手く押し上げて好勝負に持ち込めた。「能力を再認識できたし、状態も安定しているので楽しみ」と師。コーナー4つの中山コースなら出遅れても対応できることが証明できたのは大きい。

タイセイスラッガー

中山コースでは堅実さが光るタイセイスラッガー(写真:右)

叩き2走目になる土曜中山12Rのサッビアマーゴ。除外、除外で出走が延び延びになった前走だったが、テンションが上がることなく臨めたのは成長の証しか。「差す競馬が板に付いてきたし、流れが噛み合えば好走も可能」と陣営。穴に一考の余地はありそうだ。(美浦:大江原毅TM)

サッビアマーゴ

新馬戦V以来の2勝目を目指すサッビアマーゴ

筆者:


1954年福島市生まれ 1983年入社。美浦の厩舎取材を担当。若い頃はそうでもなかったが、歳を重ねるとともに手堅い予想に。この世界に入ったきっかけは、兄弟が騎手を目指していたため。(兄は哲・現調教師、弟は隆・元騎手)

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル