【チャンピオンズC】打倒テーオーケインズに燃える「究極仕上げの一頭」に魅力たっぷり!

想定班レポート
チャンピオンズカップ

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 11月3日に盛岡と門別で開催されたJBC競走で、新谷功一厩舎が送り出した3頭は大活躍を見せた。クラシックはクラウンプライドが2着、レディスクラシックはグランブリッジが2着、2歳優駿ではゴライコウが初重賞を飾ったのだ。レース後に「新谷厩舎は凄いな…」と思わず呟いてしまったのは内容だけでなく、兄姉に目立った活躍馬がいない地味な血統の馬によるものだったからだ。3頭の父はリーチザクラウン、シニスターミニスター、ホッコータルマエ。テーオーケインズ(栗東:高柳大厩舎)やドライスタウト(栗東:牧浦厩舎)を輩出したシニスターミニスターを除くと代表産駒をすぐに思い浮かべることは容易ではない。来週のカペラSに出走予定のリメイクの父ラニも含めてリーズナブルな値段の産駒で結果を残していることは、もっと評価されていい。

クラウンプライド

クラウンプライドと共に初GI制覇を狙う新谷調教師(左)・松田助手(右)

 驚くのは血統だけでない。昨年に開業初年度の5勝から21勝に大きく飛躍した勝利数が、今年は36勝(地方・海外を含む)。11月27日終了時点での主な成績を比較(カッコ内は2021年)してみると、海外・地方を含む勝利数36(21)、勝率.126(.071)、連対率.241(.133)、3着以内率.322(.207)、収得賞金は既に6億7299万円に達している。数字の“爆上がり”には様々な要因が積み重なったことが考えられるが、ここで取り上げたいのは地方競馬への出走数の多さである。今年だけでも〔8.9.1.9〕の成績を挙げており、うち交流重賞3勝をマークしている。通常、栗東所属の厩舎は園田や名古屋など関西圏の競馬場に出走するケースが大半だが、新谷厩舎は南関東が中心である。「“南関”の方が除外のリスクが少なくて出走しやすいし、レベルも高いので結果が出れば中央に戻っても通用する計算がたつからね。長い目で見ても馬主さん孝行にもなるよ」と新谷師。勝つためならどこにでも行くという貪欲さも躍進の理由のひとつだろう。

クラウンプライド

クラウンプライドは坂路でビッシリ追われ、51秒0の好時計をマーク!

 チャンピオンズCは、テーオーケインズの1強ムードだが、クラウンプライド(栗東:新谷厩舎)に前走の雪辱と世代交代を託してみたい。レース後は長距離輸送の疲れが残らないように、山元トレセンでの小休止を挟んで栗東トレセンに帰厩。引き続き好調子を保っている。「逃げたことで格好の目標にされてしまったけど、中間は前に馬を置く形の調教を課してきた。ためれば切れる脚を使えそう」と同師。先に抜け出して、テーオーケインズの猛追を封じるイメージである。3歳馬による戴冠は中京移設後の8年でルヴァンスレーヴ(美浦:萩原厩舎)とクリソベリル(栗東:音無厩舎)の2頭。ともに古馬相手に重賞を勝っていたので実績面では見劣るが、ドバイや米国を転戦してきた経験値やメンタルの強さ、成長力なども加味すれば、逆転での戴冠は決して不可能ではない。(栗東厩舎取材班:那谷明弘)

那谷明弘

筆者:


1970年神戸市生まれ。慶応大学文学部卒。95年入社。美浦で時計班として所属したのち、96年秋から栗東トレセンで取材を担当。夏の小倉出張は10年を越える。予想は「競走馬の強さはラップに現れる」、馬券は「血統と確率論の理解が必須」がモットー。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル