マリア・ミッキーに不安材料あり? 優馬TMの一番人気はコノ馬

優馬TM座談会
エリザベス女王杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

この馬で密かに一発を TMイチ押しの穴馬は

デスク「ここまで挙がった5頭は、人気の差も大きくは開かないと思えるが、その次となると少々開きそうだよな」

西田「私は、その人気の差ほど実力に開きはないと思えるシュンドルボンで穴を狙います。昨年は7着だったとはいえ、外枠で前に壁が作れずに外目を回りながらのコンマ2秒差で、不得手な稍重馬場でよく健闘しました。前走の府中牝馬Sは、位置取りが後ろになった上での超スローで不完全燃焼の競馬でしたが、陣営によると“追い切りでの反応がモサモサしていた”とのことで、久々の影響もあったと言えます。対してこの中間は、矢野英師も驚いていたほど動きが一変していますし、昨年よりも間違いなくパワーアップして臨めるなら、勝負になっていい計算ですよ」

シュンドルボン

中間の動きが一変しているシュンドルボン(撮影:日刊ゲンダイ)

吉田「春までは条件馬やったから実績面では見劣るヒルノマテーラですけど、休み明けの前走でも牡馬相手に完勝したのは地力アップの証や思います。気性的にも叩いて良くなるタイプやし、中1週でも大きな上積みが見込めるここは、一発あってエエんやないかと」

福田「前走に関して、昆師は“7~8分の状態で結果を出した”と。“晩成系の血筋でようやく良くなってきた。距離の融通も利く”とのことや。前走の結果如何にかかわらず、ここへの挑戦は決めていたそうやけど、通用するかどうかより、一線級相手で現時点での力を見てみる機会と捉えている雰囲気やったな」

持木「僕はまだデンコウアンジュを諦めてませんよ。出遅れて致命的な位置取りになってしまった前走の秋華賞は、もう何度目になるかわかりませんが“参考外”です。とにかく、デキだけはどの馬にも見劣りしないほど好状態をキープしているので、今回ダメだったらきれいさっぱりと諦めますが」

久光「あと、穴中の穴として、マキシマムドパリの名を挙げておきます。準オープンの身で人気がないのは当然ですが、この馬の最大のセールスポイントは、相手なりに崩れないところですからね。GIの舞台でも、ひょっとすると、ひょっとしますよ」

デスク「俺が気になる馬では、まだアスカビレンの名前が挙がってこないんだが」

「昨年の秋華賞ではコンマ3秒差に健闘している馬ですから、可能性は十分ありますね。ここへきて長距離輸送の克服など、陣営は“精神面での大きな成長”をアピールしていましたよ」

木谷「実は、僕もアスカビレンを狙っているんですよ。その昨年の秋華賞では、勝ったミッキークイーンに並びかける見せ場もあったほどですし、前走も良い競馬をしてました。それになんと言ってもこの馬のオーナー・神田紘爾さんは美空ひばりさんの“愛燦燦”の作詞作曲やアニメ“銀河英雄伝説”のエンディングなどで有名な歌手の小椋佳さんなんですよ。京都のGIで、オーナーが歌手のブラックタイド産駒…、これは揃いましたね」

デスク「おいおい、小椋佳と言えば“シクラメンのかほり”や“めまい”だろうに。アニメのエンディングなんか、知らんわ」

優馬プレミアム 事前登録受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル