優馬編集長日誌 1月21日号「現4歳世代」

優馬編集長日誌
アメリカジョッキークラブカップ東海S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッとした日経新春杯

 先週の日経新春杯は うまくいった。大した配当ではなかったものの、馬連は1点、押えのワイドもキッチリ。全てのレースの馬券が思い通りといったわけではなかったが、当欄で触れた馬券が的中するとホッとする。データ通りというかUK値通りというか、どちらにしても4歳馬のワンツー。停滞気味に感じる中長距離路線に若い世代が顔を出してきてくれたことも喜ばしい。

昨年の現4歳馬について

 今週は、その4歳馬について触れておこう。現4歳馬が現5歳以上の世代と戦うこととなったのは昨年5月のダービーの翌週から。それから年末の有馬記念の週まで、世代別の成績を集計したものを次に示しておく。集計は芝・ダート別(JRAのレースが対象)。数字は、1行目が左から1着-2着-3着-4着以下の頭数、2行目が左から勝率・連対率・複勝率。

〔芝〕  (2015年6月6日~12月27日)
3歳(現4歳)179-160-154-1519  8.9% 16.8% 24.5%
4歳(現5歳)185-190-178-1790  7.9% 16.0% 23.6%
5歳(現6歳) 89- 88-109-1260  5.8% 11.4% 18.5%
6歳(現7歳) 28- 37- 41- 642  3.7%  8.7% 14.2%
7歳(現8歳) 8- 15- 7- 290  2.5%  7.2%  9.4%
8歳(現9歳) 2- 0- 0- 72  2.7%  2.7%  2.7%

〔ダート〕(2015年6月6日~12月27日)
3歳(現4歳)180-169-153-1755  8.0% 15.5% 22.2%
4歳(現5歳)218-208-191-1882  8.7% 17.0% 24.7%
5歳(現6歳) 53- 63- 85-1108  4.0%  8.9% 15.4%
6歳(現7歳) 16- 27- 32- 497  2.8%  7.5% 13.1%
7歳(現8歳) 5- 6- 10- 144  3.0%  6.7% 12.7%
8歳(現9歳) 1- 1- 1- 43  2.2%  4.3%  6.5%

 勝ち鞍が最も多かったのは芝・ダートともに現5歳世代だが、芝においては勝率・連対率・複勝率で現4歳世代がトップだった。現5歳世代は春に降格もあった世代。それも踏まえて考えると、ダートでも現4歳世代は健闘しているといえる。ましてや現4歳世代は、他の世代より成長力があって然るべき。大雑把にいえば、今年の4歳馬は芝でもダートでも活躍してくれそうな雰囲気。

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル