ルメールと好相性のアンビシャス 陣営も自信たっぷり「多少湿った程度なら」

【激論!優馬TM座談会】
いよいよ本格的な夏競馬。ともに開幕週となる福島ではラジオNIKKEI賞、中京ではCBC賞が行われる。GIこそ秋までお休みだが、夏競馬は“馬券の宝庫”とばかりに、優馬TM陣が熱いバトルを繰り広げる。

優馬TM座談会
CBC賞ラジオNIKKEI賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼できるかアンビシャス ラジオNIKKEI賞

デスク「まずはラジオNIKKEI賞から行こう。昔は“残念ダービー”なんて言われて、ダービーに出走が叶わなかった馬だけでなく、負けた馬なんかも出てきたものだが、ハンデ戦になってからは、クラシック戦線を歩んできた馬の出走すら少なくなったなぁ。そんな中で、ダービーの出走権を獲りながらパスして臨んできたアンビシャスが頭一つ抜けていると見ていいんだろうか」

武井「新馬、特別と連勝してエリート街道に乗って、共同通信杯では早めに先頭に立つ強気の競馬で、皐月賞1、2着馬に次ぐ3着ですからね」

庄司「負けたことで皐月賞に駒を進められなかった毎日杯は、大外枠から引っ掛ってしまたのが敗因で、能力は現3歳世代でもトップレベルのはずですよ」

武井「今回は内枠も引けましたし、2戦2勝と手の内に入れているルメール騎手も確保できましたから、素直に能力を信頼していいんじゃないかと思っています」

デスク「ただ、近年の勝ち馬を見ると、その後パッとしない馬も多いんだよな。この先、いくつも重賞を勝てそうなアンビシャスが勝つようなレースではないかもしれんぞ。ダービーをパスしたのも気になるところではあるし…」

久光「雨で渋った馬場も未知数ですよね」

瀬古「前走は、レース間隔が詰まるため、ハナから勝ってもダービーは使わない予定だったようです。早くからここを目標にして順調に来れてますし、小回り特有の速い流れで折り合いも付きやすそうですよね。馬場に関しても“多少湿った程度なら問題ない”と陣営は見ていますよ」

陣営も自信たっぷりのアンビシャス(撮影:日刊ゲンダイ)

陣営も自信たっぷりのアンビシャス(撮影:日刊ゲンダイ)

大江原「ただ、それにしてもクラシックに駒を進めた馬がいない上にハンデ戦なんだから、どの馬がチャンスをモノにしても不思議のないレースだと思うぞ。特にミュゼゴーストは、相手なりに走る渋太さがあるし、“学習能力が高くて一戦毎に進歩が見られる”と、柴田善騎手も評価しているからな。このあとは休養の予定で目イチの仕上げ。デキも申し分ないぞ」

久光「スローのヨーイドン、いわゆる瞬発力勝負では分が悪い馬ですが、小回り1800mで先行馬が結構揃っているここは、僕も条件的に魅力を感じますね。馬力型でもあるので、一雨ありそうな予報も追い風だと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル