デニムアンドルビー の記事一覧

1

全13件中 1~13件目を表示

ステイインシアトル

“ユタカ・マジック”で逃げ切りステイインシアトルは、夏競馬での注目株

6歳でもキャリアはまだ10戦目ステイインシアトル一昨年にはラブリーデイがここでの勝利をステップに宝塚記念を制しているように、GIIIながら夏...

スマートレイアー

宝塚トライアル鳴尾記念は、実力馬の巻き返しに要注意!

今年は10頭立てとやや寂しい頭数になってしまった鳴尾記念。宝塚記念の前哨戦として6月に移って6年目を迎えるが、一昨年のラブリーデイのような飛...

トーセンビクトリー

馬体がボリュームアップ! 良血開花トーセンビクトリー

パワーアップして次のステージへトーセンビクトリー今の少し時計がかかる馬場を考慮しても、1分49秒4は平凡な決着タイム。ただ、前半1000mが...

マジックタイム

「全て整った。最高のデキ」 引退レースに臨むマジックタイム

引退の花道を飾りたいマジックタイムに4歳勢が引導を渡すのか?デスク「何が来てもおかしくない牝馬のハンデ重賞で、過去の表を眺めても当たった記憶...

サトノダイヤモンド

TM人気は「サトノD>武豊キタサン」 今年ラストの馬券1万円勝負

今年はクリスマス決戦となる有馬記念。3歳勢としては唯一の参戦となった菊花賞馬サトノダイヤモンドに、ゴールドアクター、キタサンブラックなど、昨年の上位入線組も揃う豪華メンバーで、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。ハッピークリスマスを迎えるのは、果たして誰か?

シュヴァルグラン

武豊キタサンはランク外、サトノDは5位 有馬記念の調教BEST5

有馬記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。栗東は濃霧のアクシデントもありましたが、各馬の評価は如何に…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

サトノノブレス

ここ2年で傾向がガラリ一変! 実績馬を買おうよ金鯱賞

グランプリ・有馬記念へのステップレースとして12月の中京に移って5年目を迎える金鯱賞。長期休養明けの強豪馬の復帰戦に選ばれることも多いが、デ...

今年の重賞4勝目が初GIのタイトルとなったラブリーデイ(撮影:日刊ゲンダイ)

完璧なレースでラブリーデイがGI初制覇 ゴールドシップはゲートに沈む

【佐藤直文 先週のレース回顧】 過去2年と同じく、少し雨の影響が残る良馬場での施行となった宝塚記念。3連覇を賭けるゴールドシップにとって、お誂え向きの状況と言えたのだが、まさかの大出遅れ。単勝1.9倍の大本命が消えての大波乱決着となった。

ゴールドシップ

横山典騎手も“ウッキウキ” 完璧な状態のゴールドシップに死角は?

【激論!優馬TM座談会】 上半期の総決算となる“サマーグランプリ”宝塚記念。ライバルの相次ぐ回避により、主役の座も揺ぎないものとなったゴールドシップだが、果たして死角はあるのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

牡馬相手の重賞勝ちがあるヌーヴォレコルト(撮影:遠沢好子)

牝馬の好走が多い宝塚記念 編集長の狙いはヌーヴォレコルトと…

【優馬編集長日誌】 宝塚記念は牝馬を買うか

競馬イメージ

ゴールドシップは楽観ムード、キズナは復調手前? 春天直前TM座談会

【激論!優馬TM座談会】 これまで数々のドラマを生んできた“淀の2マイル”天皇賞(春)。3連覇を狙っていたフェノーメノの直前回避があったものの、復権をかけるキズナ、3度目の挑戦となるゴールドシップ、そして初GI制覇を狙う馬たち。果たして何を買えばいいのか、優馬TM陣が徹底討論。

競馬イメージ

ライスシャワーを探せ! マラソンレース・天皇賞(春)は馬体重に注目

【優馬編集長日誌】 マラソンランナーには 痩せた人が多い。春の天皇賞は そこに目をむけてみては?

競馬イメージ

普通に走れば勝って当然、ゴールドシップが魅せた超A級の底力

【佐藤直文 先週のレース回顧】 3月21日、22日の開催には、東西で今後のGI戦線を占う重賞が組まれた。この結果をしっかりと分析することが、本番の攻略に繋がるはずで、まずは土曜の重賞から順に振り返りたい。

全13件中 1~13件目を表示

1

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル