来る馬は限られている? 軸馬から相手薄目なら万券もアリ! 【福島牝馬S】

重賞データ攻略
福島牝馬S

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

連対馬のパターンは僅か3通り それ以外は消してしまおう

 まずは、オーソドックスに過去10年の連対馬の前走に注目してみたが、見事に以下3つのパターンに分類される。逆に考えると、それ以外のステップは、たとえ人気馬でもカットできるのでは、と思えるほど偏ったデータだ。

 ※中山牝馬Sに出走していた…15頭
 ※条件戦に出走していた…3頭
 ※愛知杯に出走していた…2頭

 今年は開催変更により新潟での施行となるが、同じように東日本大震災の影響で新潟への変更を余儀なくされた2011年も中山牝馬S組のワンツー決着だったものであり、データの信頼性を覆す材料ではないだろう。中でも圧倒的多数を占める中山牝馬S組だが、そこで大敗していた馬の巻き返し例も少なく、連対馬で最も中山牝馬Sでの着順が悪かったのは17年フロンテアクイーンの8着だ。今年の場合、2着ロザムールは“当確”としても、9着ドナアトラエンテは、データのブレを含めてギリギリのラインと言っておこう。

 前走が条件戦組だった馬は、そこでの着順が1・1・3着と全て馬券対象だった。今年の対象馬である、パラスアテナミスニューヨークムジカはいずれもその資格を満たしている。

 最後に愛知杯組だが、今年の出走馬はそこで9着だったシゲルピンクダイヤのみ。16年の勝ち馬マコトブリジャールは、愛知杯シンガリ負けから巻き返しているだけに、無条件で対象馬としたい。

斤量増でも狙える理由は

 ここからの軸選びだが、上記15頭を数える中山牝馬S組の連対馬の、中山牝馬Sでの着順にスポットを当ててみると【3・4・2・6】。9頭までが3着以内だった馬であり、やはり好走組の信頼性は高い。その2着馬ロザムールは、前走が52キロというハンデに恵まれたと見ることもできるが、実は過去10年のうち中山牝馬Sをハンデ52キロで連対していた馬は、ここで2・1着と完璧な数字。斤量増が懸念されてそこまで人気にならないのなら、余計に買いたくなる軸馬だろう。

ロザムール

前走の中山牝馬Sでは逃げ粘ってハナ差2着のロザムール(最内)


結論

軸馬 ロザムール
相手 シゲルピンクダイヤ
   ドナアトラエンテ
   パラスアテナ
   ミスニューヨーク
   ムジカ

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル