【七夕賞】内田博幸騎手に直撃インタビュー!連覇のかかるクレッシェンドラヴについて聞いた!

想定班レポート
七夕賞

函館記念で8万4500円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 夏の福島伝統のハンデ重賞といえば七夕賞。
今年、七夕賞連覇を狙うクレッシェンドラヴの鞍上 内田博幸騎手を直撃した。
 
内田博幸騎手

七夕賞でクレッシェンドラヴとのコンビで連覇を狙う内田博幸騎手

 
 まず当初の印象を聞いてみると「初めて乗った時から先々は重賞に手が届く器だと感じていましたが、当時はまだ中身がシッカリしていなかったり、気性面の制御が難しかったですね」と最初は課題も多かったようだ。
 
そんな中、管理していた二ノ宮厩舎が解散し、開業した林厩舎に転厩。
“焦らずに大事に使っていった方がいい”という内田騎手の助言通りにキャリアを積んで今日に至る。
 
 同馬はこのレースで2、1着。それ以外にも一昨年の福島記念を勝っており、ここまで条件戦も含め〔2.3.0.0〕と連対を外していないコース巧者である。
その辺りを聞くと、
「右回りの方がいいのは確かだけど、特に福島が合っているというわけではないですね」と意外な回答。
 
「それよりも心身共に完成され、ポテンシャルをフルに発揮できるようになったことの方が大きいです」と話してくれた。
 
クレッシェンドラヴ

福島の地で重賞3勝目を狙うクレッシェンドラヴ

 

 今回は、昨年よりもハンデは1キロ増えて58キロで臨むことになるが、「この1キロは大きいですけど、こなしてくれそうだし楽しみはあります」と鞍上も明るいコメントをしてくれた。
 
 期待通りの成長曲線を辿ってきた愛馬について嬉しそうに語る表情には印象深いものがあった。理屈抜きに応援してみたくなる、そんな人柄の内田博幸騎手がクレッシェンドラヴを連覇に導けるかどうか。興味深い七夕賞となりそうだ。
 

筆者:


1972年東京生まれ 1997年入社。美浦の厩舎取材を担当。予想スタイルは適性重視。趣味は、飲み歩き。

函館記念で8万4500円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

函館記念で8万4500円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル