有馬記念の調教BEST5を大公開 第1位はモノスゴイ穴馬で万券必至!

【調教BEST5】
有馬記念の出走馬の中で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。前回のジャパンカップではランキング1位のショウナンパンドラが見事優勝。有馬記念の追い切り評価1位は…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

調教BEST5
有馬記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5位 ゴールドシップ

15)ゴールドシップ
牡6 (栗)須貝尚介
[好気配]内田博23日栗坂不(1回)
53.2 – 38.1 – 24.8 – 12.5 馬也先着
(2才未勝利レッドヴェルサス一杯に追に1馬身先着)
○…併走で余裕の動き。デキは良好
気配…8 動き…8

ジャパンカップは久々ということもあって最後はやや甘くなったが、追い切り時計は出ていた。この中間、2週続けて内田博Jを背に追い切られ、余裕ある手応えで先着。前向きで活気ある走りが一際目を引いた。海外遠征後だった昨年の有馬記念時より状態は上。

須貝尚師「調教のときに威嚇したり立ち上がる仕草を見せたりと中間は元気いっぱい。オンとオフの切り替えがシッカリできているし、調整は本当にうまくいったよ。前走と同じようにゲートを五分に出てファンの期待に応える結果が出せればいいね」

パドックここをCHECK→前走よりも馬体は絞れていて欲しい。その上で脚捌きがスムーズなら。

ゴールドシップ

ラストランに向けて状態は万全のゴールドシップ(撮影:日刊ゲンダイ)

第4位 ゴールドアクター

7)ゴールドアクター
牡4 (美)中川公成
[好気配]吉田隼23日南W良
69.3 – 54.2 – 39.9 – 12.5 (6)馬也先着
(4才500万ジェイケイニュース強目の内2馬身先着)
○…1週前が好内容。デキに不安なし
気配…8 動き…8

先週に5F64秒6の猛時計をマーク。ジョッキー騎乗での追い切りとはいえ、行きっぷりのよさと反応の良さがとにかく秀逸。吉田隼Jが跨っての最終追い切りも馬なりで流す程度とはいえ、時計も十分で、併走馬をあっさり突き放した。前走から間隔をあけたのは正解だろう。

篠島助手「勝つ毎に馬が自信をつけて堂々としてきたし、先週の時点で戦闘モードに入っている。レースセンスの良さは非凡で、展開やコース形態に関係なく自分の力を出し切れるタイプ。相手は強くなるが、器用さを要求される中山の2500mは魅力だ」

パドックここをCHECK→パドックではうるさいタイプ。馬体をフックラ見せ、異常な発汗がなければ。

ゴールドアクター

反応の良さが目を引いたゴールドアクター(撮影:日刊ゲンダイ)

第3位 リアファル

12)リアファル
牡3 (栗)音無秀孝
[好気配]助手23日栗坂不 (1回)
51.6 – 37.9 – 25.0 – 12.7 一杯先着
(4才OPランウェイワルツ一杯に追に2 1/2馬身先着)
○…坂路で力強い動きを見せ仕上がり良好
気配…8 動き…8

先週は年下と併せてやや手応えで見劣るような感もあったが、それがスイッチとなったのか、今週の動きが一変。坂路を真一文字に駆け上がり、古馬OP馬を相手に2馬身半の先着。全体時計も速く、パワフルな動きは中山コースにもフィットしてきそう。

生野助手「(前走は)出入りが激しくなって沈んでもおかしくない展開でしたね。それで3着でしたから勝ち馬に能力で劣っているとは思いません。もう少し大人になればもっと走れそうですが、菊花賞時よりいい状態で臨めます。枠順や展開一つだと思いますよ」

パドックここをCHECK→ダートも走れるような大型馬の2ヵ月ぶり。太目残りに注意したい。

リアファル

坂路でパワフルな動きを見せたリアファル(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル