最もダービーに近い馬、サトノクラウンが持つ貴重な血

【Road to Derby 2015】
3月8日に中山競馬場で行われた皐月賞トライアル・弥生賞を快勝し、無傷の3連勝でクラシックに臨むサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎)。皐月賞はもとより、今、最もダービーに近い馬であることは間違いない。

Road to Derby 2015
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では馴染みこそないが、貴重な血統背景

 サトノクラウンは、父マルジュ、母ジョコンダIIの持ち込み馬で、2012年3月10日に安平・ノーザンファームで生まれ、翌年、1歳のセレクトセールで里見治氏に5800万円で落札された。日本では馴染みの薄い父ではあるが、輸入種牡馬でもあるラストタイクーン産駒で、自身は芝1600mのGIを勝ち、英ダービー2着の実績もある。日本で活躍した産駒は同馬以外にいないが、海外では香港の歴史的名馬ヴィヴァパタカや、99年のジャパンCで2着のインディジェナスなどを輩出。日本絡みでは、桜花賞馬マルセリーナの母の父としても知られている。

 近年の特にクラシック戦線では、サンデーサイレンスの父系、もしくは母の父がそうである馬が質・数ともに圧倒している。そんな中で、サンデーの血を一滴も持たない馬は稀有な存在とも言える。後述するが、これは生産界にとってもたいへん貴重なのである。

デビュー2戦目で重賞を勝って、エリート街道へ

 10月25日、素質馬が揃った東京の新馬戦(芝1800m)を快勝したサトノクラウンは、2戦目でいきなりGIIIの東京スポーツ杯2歳ステークスに出走。初戦がスローペースで1分50秒0という平凡な時計だったため、素質を買われながらも単勝は4番人気の評価であった。

 まだ、キャリア1戦ゆえに、道中は包まれる展開。直線でも苦しい位置取りであったが、ゴール前で一気に突き抜けてのクビ差勝利。着差以上に強烈なインパクトを残し、2歳王者のみならず、クラシック候補としての資格を得た。

 しかし、ゲート内で立ち上がる仕草を見せたことにより、ゲート再審査の処分を受け、陣営も続くGI朝日杯フューチュリティステークスの出走を見送り、クラシックに備えるという決断を下したのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

優馬@ソーシャル