優馬TM座談会 の記事一覧

全282件中 1~20件目を表示

アドマイヤマーズ

不安な話が聞こえてこないアドマイヤマーズ「ハナを切っても」

無傷の2歳王者アドマイヤマーズに死角はあるか?デスク「もともとフルゲートにはならない性格の重賞とはいえ、このレースで7頭立てという少頭数はち...

ステイフーリッシュ

陣営が太鼓判を押す4歳馬 陣営が色々と工夫してきた4歳馬

勢い止まらぬ4歳勢本紙須藤はステイフーリッシュを◎に指名デスク「TMの印も派手に散っているように、ここは抜けた存在もなく人気も割れそうだけど...

インディチャンプ

インディとタワーで大丈夫? 要注目は「巻き返し」を狙う馬

ここも有力4歳勢本紙武井はインディチャンプを◎に指名デスク「先週の重賞の結果を考えても、路線を問わずに4歳馬を買っておけば大丈夫、という感を...

ヴァンドギャルド

淋しい頭数なのに意外と… きさらぎ賞で優馬TMの◎が分散

信頼できる東スポ杯好走組本紙須藤はヴァンドギャルドを選択デスク「ここ数年は少頭数での施行が続いているレースだが、今年も淋しい8頭立て。ただ、...

サンライズノヴァ

とにかく不器用なサンライズノヴァを「何とかしたい」戸崎圭

昨年2着のサンライズノヴァを脅かすのは初対決の馬たち?デスク「昨年は久々に関東馬ノンコノユメが勝ったけど、今年はいつも通りに関西馬に馬場を貸...

ダノンスマッシュ

好調教連発ダノンスマッシュ 対するラブカンプーは陣営が…

スプリント路線も注目は4歳馬本紙須藤はダノンスマッシュに◎デスク「昨年の春秋のスプリントGIを制したファインニードルが引退したことで、今年の...

フィエールマン

熱発の影響は「微塵も」フィエールマン 4歳馬の快進撃続くか

いずれにせよ勝つのは4歳馬?フィエールマンかジェネラーレウーノかデスク「明け4歳世代の快進撃が続いているけど、暮れの有馬記念を菊花賞4着馬が...

インティ

武豊鞍上なら無理には… 本命党だけでなく穴党の◎もインティに

断然か5連勝中の上がり馬インティデスク「ここは、TM全員が◎か○のインティで、相当人気も被りそうだな」落合「デビュー戦こそ既走馬相手に出遅れ...

ダノンラスター

1勝馬か2勝馬か TM陣の◎も割れた京成杯の座談会

本紙武井も性能に惚れ込んだ◎は1勝馬ダノンラスターデスク「暮れのホープフルSがGIに昇格したこともあってか、この京成杯にそこまでの実績馬が参...

グローリーヴェイズ

「明らかに不安」有力4歳の2頭に明暗か 伝統のハンデ戦を激論

ここも注目は4歳勢本紙須藤はグローリーヴェイズを◎に指名デスク「近年の傾向は“4歳馬強し”というレースだが、その4歳馬が馬券に絡まなかった昨...

アントリューズ

◎バラバラ混戦模様のシンザン記念 新・関西本紙担当の答えは…

初日の土曜日に組まれた東西の金杯に続いて、日曜の京都では、クラシックを睨む3歳馬の今年最初のステップレースであるシンザン記念が行われる。正月気分など無縁のTM(トラックマン)陣が、今年も年頭から熱い!

レイデオロ

レイデオロに次ぐ◎を集めた意外な馬とは… 馬券1万円勝負も今年最終決戦

いよいよ迎えたグランプリ、有馬記念。秋の天皇賞で完全復活を遂げた昨年のダービー馬レイデオロが、堂々のファン投票1位で主役の座に。対して、この秋を盛り上げたキセキに、ドリームレースを体現する挑戦にファンの支持も集めて投票数では第3位のオジュウチョウサンにも注目が集まる一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣も、総参加で大一番に臨む。

グランアレグリア

歴史に挑むグランアレグリアに自滅材料は… 穴党の◎は1頭に集中

阪神へ舞台を移して5年目を迎えた朝日杯フューチュリティステークス。今年は牝馬グランアレグリアが断然人気の様相となっているが、牝馬の出走が不可だった時代もあったとはいえ、テンモン以来実に38年ぶりに2歳の女帝が誕生するのか。優馬TM陣の最終決断は如何に。

ダノンファンタジー

東西本紙担当の◎が一致 血統的なイメージ覆すその馬とは

今週は阪神ジュべナイルフィリーズ。2歳牝馬の女王が決まると同時に、同じ舞台で行われる来春の桜花賞へ繋がる一戦だ。明日のヒロインは誰か、おなじみ優馬TM陣が激論を戦わせる。

ルヴァンスレーヴ

ライバル回避でルヴァンスレーヴ「断然」か 穴党◎集結の馬も要注目

中京へ舞台を移して5年目となるチャンピオンズカップ。昨年の覇者ゴールドドリームが直前になって回避したものの、それを除けば文字通りダートの“チャンピオン”が勢揃いした感を受ける。その中で、断然人気が予想される3歳馬ルヴァンスレーヴが世代交替を果たすのか、歴戦の古馬勢が待ったをかけるのか。おなじみ優馬TM陣が激論を戦わせる。

アーモンドアイ

敷かれた強固な包囲網 アーモンドアイに「負ける要素」はあるか

断然人気の3冠牝馬アーモンドアイに死角は?デスク「紙上に予想欄のある21名中、11名が◎。そして残る10名も全て○印というアーモンドアイだけ...

モズアスコット

モズ&ペルシアンを差し置いて 東西本紙◎が一致した「止まらん」馬

今週はマイルチャンピオンシップ。絶対王者が不在となって久しいこの路線で、昨年の覇者、安田記念の覇者、そして前哨戦好走組が入り乱れての混戦ムードに。難解な一戦を読み解くのは果たして誰か、そして注目のTM馬券対決も見逃せない。

モズカッチャン

モズカッチャン誤算も師は「キッパリ」 支持者急増の馬も要チェック

今週は、牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯。層の厚い古馬勢に3歳勢がどう挑むかという例年通りの様相となっているが、上位人気割れの混戦ムードに、優馬TM陣が下した結論は如何に。

オメガパフューム

結末は世代交代か「またまたルメール」か 1万円馬券対決も白熱

今週日曜は、ダートの祭典JBCが、史上初めて中央で京都競馬場を舞台に開催される。中でも、最も注目されるのが、メインレースとして組まれた1着賞金がJRA・GI並みの9000万円というJBCクラシック。ダート頂上決戦の行方を、優馬TM陣がぶった斬る。

レイデオロ

「トラブル」で賛否両論レイデオロ スワーヴ逆転? マカヒキ復活?

今週は中距離における最高峰の座を賭けた戦い、天皇賞・秋。今年は3歳馬の参戦こそないものの、4歳世代のクラシックホース3頭が初めて揃い踏むなど、頭数以上に豪華なメンバーが揃った。数々の名勝負を刻んできた東京2000mに、今年はどんなドラマが待ち受けているのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

全282件中 1~20件目を表示

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル