優馬TM座談会 の記事一覧

全124件中 1~20件目を表示

リアファル

「火花バチバチ」GI級5歳と強い4歳 優馬TMが世代間バトルを熱論

日曜の中山では、今後の古馬の中長距離路線を占う重要な一戦、アメリカジョッキークラブカップが行われる。注目はGIでの好走歴がある5歳馬リアファルと強い4歳を代表して出走してきたゼーヴィント。GIIらしいハイレベルなメンバーが集まった一戦を、優馬TM(トラックマン)陣が熱論!

グレンツェント

4歳馬はダートでも強い? グレンツェントの実力を計る東海S座談会

様相は三つ巴だが4歳馬グレンツェントが一歩リード?デスク「ここは、TMの印を見ても、グレンツェント、アスカノロマン、ピオネロの三つ巴という感...

カフジプリンス

“サトノダイヤモンド世代” 明け4歳勢の実力は? 日経新春杯を激論

揃いも揃った4歳勢狙いはどの馬?デスク「このレースの近年の傾向は“4歳馬強し”だな。今年もイキのいい4歳勢が目移りするほど揃っているし、どこ...

コマノインパルス

“レイデオロに負けた組”で一番強い馬は… 京成杯座談会

レイデオロがいないのなら…本紙武井はコマノインパルスを◎に指名デスク「中山2000mの3歳戦は、暮れの開催に500万特別の葉牡丹賞と重賞のホ...

アルアイン

厩舎担当が直撃取材 ペルシアンとアルアインはどちらが上位?

頭ひとつリードしたペルシアンナイト脅かす馬はどれ?デスク「シンザン記念といえば、同じマイル戦の朝日杯フューチュリティSが暮れにあるせいか、メ...

アエロリット

アエロリット菊沢師「普通に走れば…」 ナマ情報でフェアリーSを斬る

上位は三つ巴の様相も本紙武井はアエロリットに自信の◎デスク「ここは重い印が3頭に集中しているけど、中でも一番の支持を集めたのが本紙武井も◎の...

サトノダイヤモンド

TM人気は「サトノD>武豊キタサン」 今年ラストの馬券1万円勝負

今年はクリスマス決戦となる有馬記念。3歳勢としては唯一の参戦となった菊花賞馬サトノダイヤモンドに、ゴールドアクター、キタサンブラックなど、昨年の上位入線組も揃う豪華メンバーで、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。ハッピークリスマスを迎えるのは、果たして誰か?

ミスエルテ

怪物娘ミスエルテの本質はスプリンター? 本紙田崎は牡馬に◎

阪神へ舞台を移して3年目を迎えた朝日杯フューチュリティステークス。次週のホープフルSへ回る馬もいるだけに、必ずしも“最強2歳牡馬決定戦”とは言えない中で、今年は牝馬ミスエルテの出走に注目が集まる。先週の阪神ジュべナイルフィリーズを制したソウルスターリングに続き、父フランケルのファーストクロップが2週連続でGI制覇となるのか。優馬TM陣の最終決断は如何に。

ソウルスターリング

怪物の娘ソウルスターリング万全も、TMの◎が集中したのは…

来春の桜花賞と同じ阪神マイルで行われる阪神ジュべナイルフィリーズ。今年は、前哨戦のファンタジーSを勝ったミスエルテが次週の朝日杯へ回ることになったが、それでも牡馬相手の重賞勝ち馬や無敗馬が揃ってのハイレベルな戦いが予想される。不確定要素も多い中で、優馬TM陣はいかなるジャッジを下すのか。

アウォーディー

絶好調ユタカと砂無敗アウォーディーに死角は? チャンピオンズCを激論

中京へ舞台を移して3回目となるチャンピオンズカップ。文字通りダートの“チャンピオン”が勢揃いした感を受けるが、中でも注目はダートに転じて6戦無敗、向かうところ敵なしのアウォーディーだ。先週のジャパンCを鮮やかに逃げ切った武豊騎手が、2週連続でGI制覇を果たすのか。それとも、阻む馬が現れるのか。おなじみ優馬TM陣が激論を戦わせる。

キタサンブラック

名手ムーアのリアルVS天才武豊のキタサン TM馬券対決もヒートアップ

今週は秋開催の掉尾を飾るジャパンカップ。新旧のクラシックホースに昨年のグランプリホース、ここでGI初制覇を目指す馬も揃って、上位は拮抗ムードだ。そして、今年は3頭にとどまった外国からの参戦馬にチャンスはあるのか。優馬TM陣の答えは如何に。

サトノアラジン

サトノアラジン陣営は大外ブン回しを宣言 1万円馬券対決も白熱!

今週はマイルチャンピオンシップ。昨年の覇者モーリス、春のマイル王ロゴタイプらが不在での混戦ムードだが、TM陣の印も派手に散っている。この混戦を読み解くのは果たして誰か、そして注目の馬券対決も見逃せない。

マリアライト

マリア・ミッキーに不安材料あり? 優馬TMの一番人気はコノ馬

今週から暮れの有馬記念まではGIレースが7連戦となるが、その先陣を切るのは、牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯だ。連覇を狙うマリアライトに、昨年は涙を呑んだ4歳勢が再チャレンジとなるばかりか、二冠牝馬ミッキークイーンも間に合った。そして少数精鋭の3歳勢も。優馬TM陣は、いったいどの馬に狙いを定めるのか。

アルバート

混戦アルゼンチン共和国杯 「イキナリ勝ち負け」アルバートに本紙武井は◎

実績馬アルバート&シュヴァルグランに新鋭モンドインテロが迫るデスク「ここをステップにジャパンカップや有馬記念を目指しそうな馬もいれば、長距離...

ラニ

アメリカ三冠レース好走のラニ 復帰2戦目のデキはどうなの?

上位は人気割れ必至ハイレベル3歳勢に古馬が壁となるか?デスク「木曜にJBCがあったから、超一流馬の参戦こそないものの、ここはGIチャンピオン...

モーリス

モーリス不人気で記者◎はアノ馬に集中 天皇賞・秋トークバトル

今週は中距離における最高峰の座を賭けた戦い、天皇賞・秋。内外のマイルGIを4勝している昨年の年度代表馬モーリスが、中距離王の称号も手にするのか。それとも、毎日王冠好走組や、昨年の1・2着馬らが壁となって立ちはだかるのか。そして海外でGIを制した馬たちも国内GI初制覇を狙ってきた。数々の名勝負を刻んできた東京2000mに、今年はどんなドラマが待ち受けているのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

サトノダイヤモンド

ディープ産駒2強のデキは万全、距離は? 1万円馬券対決も要チェック

今週は菊花賞。春に3強を形成したディーマジェスティとサトノダイヤモンドが、ともにトライアルを制して“2強”の様相に。最後の一冠を賭けた戦いは、果たして一騎打ちなのか、それとも出走全馬が未知となる3000mの距離で、波乱が起こりうるのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

ジュエラー

主役候補ビッシュ&ジュエラーの信頼度は? 穴馬もザクザクの座談会

今週から3週連続のGI、そのトップバッターを務めるのは牝馬三冠の最終戦となる秋華賞。前哨戦のローズSも制したオークス馬シンハライトの直前回避により、一気に混沌ムードとなった感を受けるが、春の二冠には出走できなかった上り馬にもチャンスが出てきた今回、優馬TM陣はどんなジャッジを下すのか。

キタサンブラック

余裕残しのキタサンブラック 衰えは全くないラブリーデイ

主役譲らぬキタサンブラックに過去の覇者も黙ってはいないデスク「京都大賞典も、毎日王冠と同様に有力馬のほとんどが休み明けで目標が先にある馬ばか...

アンビシャス

「勝って盾へ」ルージュバック 対するアンビシャスは仕上り微妙?

ここを勝って悲願のタイトル奪取へ上位人気は三つ巴?デスク「有力馬のほとんどが休み明けとなるのは例年のことだが、今回人気を集めそうなのは、まだ...

全124件中 1~20件目を表示

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出馬表(枠順)、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出馬表には、単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル