クロコスミア の記事一覧

1

全20件中 1~20件目を表示

クロコスミア

楽逃げクロコスミアがGI馬を退けV 2着ヴィブロスも視界良好

これだけ楽に逃がしてもらえばクロコスミアGIホース3頭が顔を揃える豪華メンバー。その3頭とも力は示す走りだったとはいえ、逃げた馬が前半100...

競馬イメージ

逃げても強い! 自信の騎乗で横山典アエロリットがV

ハイラップの逃げGI馬対決をアエロリットが制すこの春のGI勝ち馬が2頭揃い踏んだ注目の一戦。ともに目標が先にあるだけに、万全の状態での激突で...

アドマイヤリード

アドマイヤリードvs.アエロリット 優馬TM陣のジャッジは…

アドマイヤかアエロか軍配はどちらに上がる?デスク「今年はGI馬が2頭も参戦してきたけど、ともにこの春に勝った今が盛りの馬だからな。人気的にも...

競馬イメージ

小回り千八がピッタリ 7歳牝馬ウキヨノカゼが久々の重賞制覇

終わっちゃいない7歳牝馬ウキヨノカゼが蘇る前半1000mが59秒9というのは、開催最終日の馬場を考えれば平均ペースだったと言えるが、3角手前...

クロコスミア

関西馬×関東騎手で連対率アップ! 面白データで福島牝馬Sを攻略

見るからに荒れそうなメンバー構成になったローカルの牝馬限定重賞。昨年は1番人気が2着を確保したものの、勝ったのは15番人気で3着にも13番人...

ミッキークイーン

牡馬と戦ってきた底力 ミッキークイーンが復活の狼煙

もう一度女王の座へミッキークイーン土曜の阪神は、小雨が降り続いて、芝は終日重馬場に。日曜の桜花賞と同じ舞台だということもあり、本番での有力馬...

マジックタイム

ベストの策で豪快に差し切り 地力を見せたマジックタイム

56キロでこの豪脚マジックタイムが大外一気重賞に昇格した昨年は、馬券対象馬が全て単勝二桁人気の馬で、3連単では290万円台の大波乱となった一...

エンジェルフェイス

昨年290万馬券が飛び出した重賞ターコイズS 今年も大波乱?

昨年は11→16→15番人気での決着という波乱中の波乱に終わったターコイズS。重賞格上げで波乱度も格上げ?今年も混戦必至の牝馬ハンデ重賞をデ...

ジュエラー

主役候補ビッシュ&ジュエラーの信頼度は? 穴馬もザクザクの座談会

今週から3週連続のGI、そのトップバッターを務めるのは牝馬三冠の最終戦となる秋華賞。前哨戦のローズSも制したオークス馬シンハライトの直前回避により、一気に混沌ムードとなった感を受けるが、春の二冠には出走できなかった上り馬にもチャンスが出てきた今回、優馬TM陣はどんなジャッジを下すのか。

ビッシュ

ジュエラー、ビッシュの取捨は? データ班はレーティングに注目

オークス馬シンハライトがまさかのリタイア。桜花賞馬ジュエラーは故障明けのローズSで大敗と暗雲立ち込める牝馬3冠最終戦。データ班はどう切り込む...

シンハライト

最高の前哨戦シンハライト 11着ジュエラーは距離不安?

相手こそ違ったがまたもハナ差でシンハライトが本番へ本番の秋華賞を待たずして実現した、桜花賞馬とオークス馬の激突。残念ながら、舞台は折からの雨...

フロンテアクイーン

「マジでいい」 皐月賞ジョッキー・蛯名が絶賛する逸材

またもVピサ牝馬の大物出現?デスク「以前は、桜花賞からここを使ってオークスへ、という馬もいたんだけど、桜花賞から中1週で組まれるようになって...

メジャーエンブレム

優馬編集長日誌 4月7日号「0.5秒」

0.5秒を考える4月10日に阪神で行われる桜花賞の登録馬は23頭。これらの対戦成績を振り返っていたら、多くの馬が勝負付けが済んでいるように思...

リオンディーズ

どこよりも早い、日本ダービー&オークス想定単勝オッズ!

どこよりも早い、日本ダービー想定単勝オッズ1番人気リオンディーズ4.5倍2番人気シルバーステート5.0倍3番人気ハートレー6.0倍4番人気サ...

メジャーエンブレム

穴党も◎のメジャーエンブレムで鉄板? 少女たちの戦い阪神JFをオッサンどもが激論

【激論!優馬TM座談会】 来春の桜花賞と同じ阪神マイルで行われる阪神ジュべナイルフィリーズ。2歳牝馬のチャンピオンを決める戦いだが、ウオッカ、ブエナビスタなど希代の女傑が第一歩を記した舞台でもある。今年もここから大物が育つのか。優馬TM陣が激論を戦わせ、馬券も披露する。

ルフォール

発表! 2歳馬チェックランキング・牝馬編 阪神JF出走馬の★評価も総復習

【馬声人語・優馬2歳馬チェック】 今週はいよいよ2歳牝馬の頂点を決める阪神JF。確たるヒロイン不在の2歳牝馬路線、2歳馬チェックチームが改めて振り返ってみたい。

ラブリーデイ

秋も主役は譲らなかったラブリーデイ 代打浜中も完璧騎乗で勝利をアシスト

【佐藤直文 先週のレース回顧】 人気以上に混戦ムードを呈していた天皇賞・秋だったが、終わって見れば1番人気ラブリーデイの完勝劇。急遽の乗り替わりとなった浜中騎手も、人気の重圧を感じさせない落ち着いた手綱捌きで、勝利をアシストした。

今年重賞3勝目をあげたラブリーデイ(撮影:日刊ゲンダイ)

データを覆すのはエイシンヒカリか?ラブリーデイか? 秋の天皇賞を徹底検証

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 前哨戦を勝って顔を合わせることになったエイシンヒカリとラブリーデイ。データ的にはどちらも不安要素はあるが…。スワンS&アルテミスSも掲載!

パッションダンス

またも“ミルコ・マジック” 抜群の勝負勘でパッションダンスを躍らせる

【佐藤直文 先週のレース回顧】 新潟記念は、上位人気勢が伸びあぐねる中、デムーロ騎乗のパッションダンスがゴール寸前での差し切りV。2、3着にも伏兵が飛び込んでの波乱決着となった。夏を締めくくる2歳重賞、札幌ではアドマイヤエイカンがクラシック候補に名乗りを上げ、小倉ではシュウジが卓越したスプリント能力を披露した。

中京芝1600mの2歳レコードで圧勝したシルバーステート(撮影:日刊ゲンダイ)

5馬身差のレコード勝ちに★8つ 福永シルバーステートが2戦目で本領発揮

【優馬2歳馬チェック】 初戦こそキレ味に優る牝馬に脚をすくわれてしまったシルバーステートだが、確勝を期して臨んだ2戦目は全く他馬を相手にしなかった。能力は間違いなく世代上位だ。

全20件中 1~20件目を表示

1

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル