タッチングスピーチ の記事一覧

1

全20件中 1~20件目を表示

タッチングスピーチ

ハンデ重賞チャレンジCは、準OP勝ち直後の馬が買い!

芝中距離のハンデ戦、チャレンジカップ。この条件になってから今年で5年目を迎え、挑戦者達の戦いは更にヒートアップ。激戦必至のハンデ戦をデータで...

クイーンズリング

出負けも慌てず騒がず 最上級のエスコートでクイーンズリングが戴冠

遂に射止めた女王の座パーフェクト騎乗でクイーンズリング前半1000m通過が61秒8のスローペースは、戦前から予想されていた通りであり、有力ど...

マリアライト

マリア・ミッキーに不安材料あり? 優馬TMの一番人気はコノ馬

今週から暮れの有馬記念まではGIレースが7連戦となるが、その先陣を切るのは、牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯だ。連覇を狙うマリアライトに、昨年は涙を呑んだ4歳勢が再チャレンジとなるばかりか、二冠牝馬ミッキークイーンも間に合った。そして少数精鋭の3歳勢も。優馬TM陣は、いったいどの馬に狙いを定めるのか。

キタサンブラック

ドゥラメンテは3位、武豊キタサンは… 宝塚記念の調教BEST5

宝塚記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ドゥラメンテを筆頭に海外帰りの強豪達の仕上がりは如何に?全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

クリプトグラム

重賞初Vのクリプトグラムは、今後も“目が離せない存在”

更なる高みを目指してクリプトグラムが初重賞制覇ダービーの熱狂が覚めやらぬ中で行われた目黒記念は、前半1000m通過が61秒2と、ダービー以上...

ラブリーデイ

ラブリーデイは微妙? 目イチか叩き台か、大阪杯を徹底討論

実績断然ラブリーデイで大丈夫か?デスク「先週の日経賞も有馬記念上位組がズラリと揃った豪華メンバーだったが、大阪杯もなんだか凄い組み合わせ。G...

タッチングスピーチ

複数データにドンピシャ! 大阪杯はアノ伏兵牝馬に◎

来年からはGI昇格も噂される大阪杯は、一流馬の始動戦に選ばれることも多いレース。今年もGI馬5頭のラインナップで好勝負は必至!?馬券のポイン...

直線入り口で抜け出して完勝したサトノクラウン(撮影:日刊ゲンダイ)

積極策で混戦を断ったサトノクラウン GI戴冠も時間の問題

デキ8分での完勝劇サトノクラウン京都は、朝の時点での不良から重にまで回復したとはいえ、東京以上の道悪となり、2分17秒7という決着タイムが示...

レーヴミストラル

「状態キープ」レーヴミストラル、「8分のデキ」サトノクラウン

注目は4歳馬だが、勢いか実績かデスク「京都記念は結構難しいよな。今年に入って重賞を勝っている馬に、一息入っている実力馬、そして過去の好走例が...

マリアライト

驚異的な成長力でタイトル奪取 勝利の女神はマリアライトに 

【佐藤直文 先週のレース回顧】 昨年の1・2着馬を含む古馬勢に、3歳の精鋭が揃った“牝馬頂上決戦”エリザベス女王杯。激戦を制したのは、重賞未勝利、GIも初挑戦のマリアライトであった。

ラキシス

雨とムーアでラキシスが連覇濃厚? ヒートアップのエリ女座談会

【激論!優馬TM座談会】 牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯。過去10年で、3歳馬と古馬は5勝ずつと互角の星だが、今年もまた同じ図式の戦いとなりそうだ。

ルージュバック

ルージュバックの休み明けは、むしろ好材料? エリザベス女王杯をデータで検証

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 3歳馬と古馬が女王の座をかけて争うエリザベス女王杯。データ班イチオシはルージュバック! 武蔵野S&デイリー杯2歳S&福島記念、今週も重賞4鞍を徹底検証!

タッチングスピーチ

エリザベス女王杯の高UK値馬は… 編集長が今週も4重賞にチャレンジ 

【優馬編集長日誌】 先週はアルゼンチン共和国杯を仕留めましたが、直後のみやこステークスで もっていかれてしまいました。今週はエリザベス女王杯。東京・京都だけでなく福島でも重賞レースが行われます

ミッキークイーン

大外枠も追い風に “女王”ミッキー レースレコードで堂々の二冠達成

【佐藤直文 先週のレース回顧】 牝馬三冠路線の最終章となる秋華賞。桜花賞、オークス、そしてローズSの勝ち馬で人気は三つ巴の様相を呈していたが、激戦を制したのは、オークス馬ミッキークイーン。1分56秒9という、レースレコードのおまけが付く快勝だった。

レッツゴードンキ

岩田康「次はいける」 陣営も強気のレッツゴードンキに本紙田崎が自信の◎

【激論!優馬TM座談会】 今週からはGI3連戦となるが、トップバッターを務めるのは牝馬三冠の最終戦、秋華賞だ。桜花賞馬、オークス馬が順調に秋を迎えた中、ローズSで2頭を打ち負かした新星が出現し、興味深い一戦となった。

タッチングスピーチ

桜花賞馬?オークス馬? データが導き出した秋華賞の◎は、超良血のアノ馬

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 桜花賞馬とオークス馬が揃い踏みして最後の一冠を奪い合う秋華賞。前哨戦では伏兵に過ぎなかった良血馬が本領発揮! 女の戦いは府中でも。土曜日の府中牝馬Sも掲載中!

競馬イメージ

編集長が秋華賞の穴馬をピックアップ 第二のティコティコタックになりそうな馬は…

【優馬編集長日誌】 秋華賞で心に残っているのは15年前。マキシマムドパリにティコティコタックが だぶります。除外されないでほしいものです

キタサンブラック

今度こそ“まつり”を キタサンブラックがサブちゃんと菊の舞台へ

【佐藤直文 先週のレース回顧】 先週は東西で3歳GIのトライアルが組まれた。中山のセントライト記念は、14着と沈んだダービー以来のキタサンブラックが、勝って菊花賞への参戦を決めた。阪神のローズステークスは、上がり馬タッチングスピーチが、オークス馬ミッキークイーンを退けて秋華賞へ向かう。

サトノラーゼン

岩田康J“勝つイメージしかない”サトノラーゼン オークス馬ミッキークイーンにも注目の秋初戦

【激論!優馬TM座談会】 今週は東西で3歳GIのトライアル戦が組まれた。まず、20日(日)は阪神で秋華賞トライアルのローズステークスが、21日(月)には中山で菊花賞トライアルのセントライト記念が行われる。夏場を休養に充てた春の実績馬に、上がり馬がどう挑むのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

新馬戦を快勝したキタサンブラック

ローズS&セントライト記念の出走馬を、編集長が“4つに分けて”解析

【優馬編集長日誌】 充電した馬が強いのか 順調な馬が強いのか

全20件中 1~20件目を表示

1

ドバイワールドカップ 2019

ドバイワールドカップ特設サイト

2019年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル