香港のガンピットはどうなのよ? 編集長がチャンピオンズCを徹底検証

優馬編集長日誌
チャンピオンズカップ

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

チャンピオンズCの日本馬、UK値からの注目馬は?

 さて、まだまだ迷いそうな外国馬は この辺にしておいて、日本馬について考えてみよう。チャンピオンズCの日本馬の登録は18頭。この中から、UK値からの注目馬を探るとする。次に示したのは前5走以内にダート1600~2000mの距離において(チャンピオンズCのダート1800mから±200mの距離)高UK値の記録がある馬だ。

アウォーディー (前走、2走前)
コパノリッキー (4走前)
サウンドトゥルー(2走前、3走前)
ノンコノユメ  (前走、2走前、3走前、4走前)
ホッコータルマエ(5走前)

 この中で最も注目していたのはダート2走が共に高UK値のアウォーディーだったのだが、残念ながら回避する予定。いきなり躓いた感じだが、とりあえず五十音順に まずはコパノリッキー。4走前の高UK値は今回と同じ中京ダート1800m。しかも重賞レースでレベルも確かだ。前走も高UK値に近い値で勢いも感じる。

 サウンドトゥルーの2走前は地方での記録だが、久々だったにも拘わらずの高UK値。3走前は今回と同じ中京ダート1800mでの高UK値でコース適性の裏付けもある。

ノンコノユメは4走続けての高UK値。これは あまり記憶がない。しかも、この4つのうち3つが重賞。追い込み脚質だけにモロさは感じるが、逆にいうとモロさの出やすい脚質ながら4連勝は凄いということにもなる。

 ホッコータルマエの5走前は昨暮の東京大賞典、交流GIでの高UK値。その時の2着馬はコパノリッキーだった。今年に入ってからは高UK値を記録していないが、前4走が久々だったり距離が1600~2000mの範疇ではないということで、まぁ高UK値がなくてもいいか…とも思える。

 この他に気になっているのはコーリンベリーローマンレジェンドコーリンベリーは5走前が高UK値。距離が1400mだったので高UK値といっても信用しきれないが、そもそもコーリンベリーは中距離ダートへの出走が少ない。未知の部分は残されており、前残りの競馬になるようなら。

 ローマンレジェンドは休み明けの前走が高UK値に近い値。追い込み馬が有利だった流れを好位から踏ん張った内容に復活を感じさせるものがあった。

 

それでは最後に先週の高UK値馬を

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル