“東西金杯をダブル的中”させたデータ班が推奨する本命馬とは【フェアリーS】

重賞データ攻略
フェアリーS

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年のフェアリーSのデータから傾向分析~

◇1番人気馬が不振傾向
・1番人気 〔1.1.0.8〕
過去10年で1番人気馬がわずか2連対と波乱傾向が強いレースとなっている。

◇キャリア別成績
・1戦  〔2.1.3.18〕
・2戦  〔4.2.2.35〕
・3戦  〔1.3.0.32〕
・4戦  〔0.3.4.17〕
・5戦  〔1.1.1.13〕
・6戦以上〔2.0.0.15〕
勝利数、連対率ともにトップはキャリア2戦馬。複勝率はキャリア4戦馬がトップとなっている。

◇前走距離別成績
・1500m以下〔1.1.4.43〕
・1600m  〔9.5.5.71〕
・1700m以上〔0.4.1.16〕
基本的には前走で1600mかそれ以上のレースを使ってきた馬が、連対馬20頭中18頭を占めており中心となる。

◇所属別成績
・関東馬(美浦)〔10.8.9.107〕
・関西馬(栗東)〔0.2.1.23〕
出走数が多い関東馬が圧倒的に優勢。関西馬は、2019年アクアミラビリスが1人気5着、2021年テンハッピーローズが1人気4着と近年敗れており、たとえ上位人気に推されても過信は禁物。


上記4項目を踏まえて今年最も注目したいのはライラック(美浦:相沢厩舎)

ライラック

新馬戦をノーステッキで完勝した圧巻の走りを見直す!ライラック

前走の京都2歳ステークスは、初の関西への長距離輸送も応えたようで馬体重もマイナス10キロ。レースに向かう馬運車にも乗りたがらなかったようで、レースに行ってもゲート入りを嫌がったりと、とにかく馬の気持ちが走る方へ向いていなかったのが敗因。今回は輸送距離の短い中山に替わり、条件は好転する。新馬戦を牡馬相手にノーステッキで完勝したように、秘めるポテンシャルは確かなモノがある。この中間は馬体も回復しているとのことで、改めて見直しが必要な一戦だ。(優馬データ班)

 

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル