【共同通信杯】ダノンスコーピオン、ジオグリフの2頭には不安材料あり!?

想定班レポート
共同通信杯

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 日曜日の東京メイン共同通信杯は、牡馬クラシック第一弾である皐月賞に直結しやすいレース。近年はトライアルである弥生賞よりもステップレースとしての重要性は明らかに高くなっている。
 
 今年の注目馬はアサヒ(美浦:金成厩舎)。実は昨年秋の東京スポーツ杯の時にも当コラムで取り上げた馬で(結果は2着)、それ以来の臨戦となる。人気という面では暮れの朝日杯FSで掲示板に載ったダノンスコーピオンやジオグリフには及ばなそうだが、上記の2頭には少々不安点が…。まずダノンスコーピオンは本調子に一息のようで、追い切りに跨った川田騎手のコメントもいま一つ煮え切らない感じ。一方のジオグリフもいつものこととはいえ、これも追い切りではあまり良く見せない印象だ。後者は元々喉に不安があり、そのことが多少なりとも影響しているのかもしれない。それとは対照的に絶好の動きだったのがこのアサヒ。辛口コメントでおなじみの田辺騎手が開口一番“良かったですよ”と言い切ったのには驚いた。この中間は最終追いで初めて跨ったようだが、彼なりにいい感触を掴んだのは間違いなさそうだ。
アサヒ

田辺騎手を背に最終追い切りに臨んだアサヒ

 
 実はこのアサヒは、昨年6月に今回と同じ東京芝1800mで新馬勝ちを収めたジオグリフの後塵を拝している。コンマ2秒差の2着とはいえ、並ぶ間もなく交わされたシーンは決定的に映ったが、あれから半年以上の間にキャリアを積み重ねながら着実に成長してきた。重賞という舞台での再戦となるが、絶好の仕上がりに加え、何より今回がこのコース4戦目という経験値の高さは大きな武器。他にもまだ伏兵が潜んでいるとはいえ、重賞初制覇にかなり近づいてきたように思えるが、結果はいかに。
 
 

筆者:


1972年東京生まれ 1997年入社。美浦の厩舎取材を担当。予想スタイルは適性重視。趣味は、飲み歩き。

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル