【共同通信杯】再び激突!「ジオグリフVSアサヒ」 果たして軍配は!?

調教班レポート
共同通信杯

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~優馬関東本紙・武井が注目馬の調教を分析~

過去に数々の名馬を送り出してきた共同通信杯。昨年はエフフォーリアが飛躍の足掛かりとした一戦だが、今年も美浦から魅力たっぷりの素質馬が参戦してきた。(文:武井友彦)
昨夏の札幌2歳Sを楽勝しているジオグリフ(美浦:木村厩舎)は、帰厩してからの乗り込みがいつもに比べると少ないが、それだけ牧場で乗り込まれてきたということ。1週前には長めから追われ、直前はジャパンカップ2着のオーソリティを追走する形で力強い動きを見せている。朝日杯FSで土がついたが、2戦2勝の1800m戦なら逆転は十分に可能なはずだ。

ジオグリフ

古馬との併せ馬を消化し、態勢は整ったジオグリフ



 

逆転ということなら、新馬戦でジオグリフに遅れを取ったアサヒ(美浦:金成厩舎)もリベンジを目指す1頭。成長途上だった以前は調教でも、タメが利かない感じで一本調子な面があったが、この中間はトモ回りがどっしりして走りもパワーアップ。直前はスッと加速して楽々先着と、見違えるような動きを見せている。2走前に道悪で楽勝しており、馬場が少しでも力のいる状態になるようなら更に可能性は広がるはず。

アサヒ

田辺騎手を背に最終追い切りに臨んだアサヒ



 

穴っぽいところでアケルナルスター(美浦:清水英厩舎)をピックアップ。終い一辺倒の馬だが、前走は馬群を捌いて脚を見せており一戦毎の良化は明らか。この中間は初めてDWコースで調整できたように体質も着実に強化できており、広いコースで能力全開なら一発の魅力は十分にある。

アケルナルスター

豪脚一閃!アケルナルスターに一発の魅力あり

筆者:


1975年東京都練馬区生まれ 1997年入社。美浦の時計班で、関東本紙予想を担当。予想の肝はあくまでも対戦比較。大学への通学で京王線を使っていて、東京競馬場に立ち寄ったのが、この世界に入るきっかけ。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル