彗星ハートレーが武豊オーディンと激突 共同通信杯座談会

優馬TM座談会
共同通信杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

割って入るのはコレ

上田「ダメダメ、何言ってんの、メートルダールがいるでしょうが。2走前の葉牡丹賞は、レースの上がり3ハロンを1秒以上も上回る破壊力でねじ伏せた強い内容だったからね。前走にしても、“もうちょっと何とかならなかったのか”というレースぶりだったし、鞍上がルメールに替わって新たな面を引き出してくれるんじゃないかな」

久光「発馬さえロスなく決まれば、本来はもっと前で器用なレースができる馬だと思いますね。それができるジョッキーだけに怖さはありますよ」

小島「前走については“その話はしたくない”と、戸田師も言うほど不満があったようですね。ゴール前の脚を見れば、せめて中団くらいで運べていたらと、僕も思いました。ただ、あの脚を見て陣営も素質を再確認したようですし、“エンジンのかかりが遅いから東京でこそ”とも言ってましたな。二強に割って入れば、間違いなくコレでしょう」

メートルダール

府中の長い直線で末脚を活かしたいメートルダール(撮影:日刊ゲンダイ)

小野智「お手馬が沢山いて今回は乗らない戸崎騎手ですが“メートルダールの前走のキレ味は相当なレベル。東京でさらに良さそうなイメージです”と言っていて、“少し乗り難しいところがあるから…”と言葉を濁していた自分の馬(イモータル)よりは上と見ていいでしょうね」

清野「私はそこまでイモータルが足りないとは思ってませんよ。前走は折り合いを欠いてチグハグな競馬でしたし、それでも直線半ばではオッと思わせる脚は見せていました。戸崎騎手に戻って巻き返しも十分あると見ます」

守屋「朝日杯は3着とはコンマ2秒差で、着順ほど大きく負けたわけではないですし、2走前のサウジアラビアRCにしても、直線で2度進路を切り替えされた上に前も塞がって脚を余したものですからね。当時“もったいない競馬だった”と悔しがっていた戸崎騎手には、是非とも二強の一角を崩して鬱憤を晴らしてもらいたいですよ」

伊利「朝日杯はゲート裏からイレ込んでいたようですし、ここ2走の敗因がハッキリしているわけですから、能力全開なら付け入る隙はあるはずです。ハートレーのホープフルSは同日の未勝利戦よりコンマ5秒速いだけ。人気ほど抜けた存在だとは思いませんよ」

那谷「前走に関してはムーア騎手が乗れなくなっちゃった(香港での騎乗停止処分)のが全てかもな。あれだけロスがあって2着だった2走前から、人気馬と力の差はないとも言えるし、中間は坂路とコースで熱心に乗られて“心身ともに成長しているし、満足のいく好仕上げ”と、須貝尚師も期待を寄せていたよ」

西田「私は、前有利のDコースでリスペクトアースに期待しました。少頭数で同型も不在ですし、雨で他の馬のキレ味が鈍ればなおさらですよね。今週もまた、マイペースの逃げ切り決着があるんじゃないかと思いますが…」

坂倉「陣営に言わせると何が何でもハナへ、というタイプではないんですが、ゲートセンスのいい馬で、今回も自然とハナに立つ形になるでしょうね。先週は馬場の内目を回る先行馬にやられまくりましたし、残り目もあっておかしくはないでしょう」

デスク「あと、俺が気になっている藤沢和厩舎勢の名前が出てこないんだが。おーい、馬場ちゃん、どうなの?」

小島「あの、馬場ちゃんは小倉出張中なので、その間は僕が担当です。まずはキングオブアームズですが、末の勝負に賭けた前走が思った以上の脚、とのことでした。それまで眠っていた能力を、柴山騎手が引き出したと見ていいでしょう。強敵は揃いましたが、まだ伸びしろも十分にある馬ですし、今回も前走同様の直線勝負で“ひょっとすると”の色気は持っているようですね。一方、木曜になって急遽出走を表明したピックミーアップですが、先行力があってパワータイプの馬だけに、雨予報が追い風となる、との判断だったようです。自分のリズムで先行できれば、軽くは扱えないでしょう」

デスク「フムフム…、ひょっとすると、に賭けてみよっかな」

優馬プレミアム 事前登録受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル