最新 の記事一覧

全1569件中 1481~1500件目を表示

ゴールドシップ

横山典騎手も“ウッキウキ” 完璧な状態のゴールドシップに死角は?

【激論!優馬TM座談会】 上半期の総決算となる“サマーグランプリ”宝塚記念。ライバルの相次ぐ回避により、主役の座も揺ぎないものとなったゴールドシップだが、果たして死角はあるのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

データもゴールドシップの三連覇を後押し(撮影:下野雄規)

ゴールドシップに確信の◎ データ班推奨の相手候補は?

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 宝塚記念三連覇の偉業へ期待がかかるゴールドシップ。「己との戦い」もこの枠なら問題なし!? 今週は一鞍入魂、上半期をきっちりと締め括りたい。

牡馬相手の重賞勝ちがあるヌーヴォレコルト(撮影:遠沢好子)

牝馬の好走が多い宝塚記念 編集長の狙いはヌーヴォレコルトと…

【優馬編集長日誌】 宝塚記念は牝馬を買うか

競馬イメージ

有力馬回避が目立つ宝塚記念 真の課題は難しいローテーションにあり

【馬声人語】 春シーズンの競馬も今週の宝塚記念で一段落。有力馬達の故障・引退は残念の一言に尽きるが、改めて海外も含めた春競馬の流れについて考えてみたい。

流石の性能でデビュー戦を制したプロディガルサン(撮影:日刊ゲンダイ)

素質の違いでプロディガルサンが初戦を突破 クラシックへ向けて、その評価は…

【優馬2歳馬チェック】 今週はセレクトセールで2億円近い値をつけた良血馬プロディガルサンが登場。まだまだ粗削りな走りだったが、素質の違いを見せ付けての勝利。今後が楽しみな一頭が出現した。

次元の違う末脚でユニコーンSを制したノンコノユメ(撮影:日刊ゲンダイ)

ユメが広がる勝ちっぷり 次元の違う末脚で、ノンコノユメ圧勝

【佐藤直文 先週のレース回顧】 ユニコーンSは、直線で断然人気のゴールデンバローズが伸びあぐねる中、ノンコノユメが、鮮やかな後方一気を決めた。函館スプリントSも、まさかの追い込み勢同士の決着。ティーハーフが条件戦からの3連勝で、初重賞制覇を成し遂げた。

ゴールデンバローズは、陣営も“勝てるでしょう”と余裕の雰囲気(撮影:日刊ゲンダイ)

ドバイ帰りのゴールデンバローズ 戸崎「俺がちゃんと乗れるかどうか、だけ」

【激論!優馬TM座談会】 東京のメインは、ダート戦線における次代のエース候補が勢揃いしたユニコーンステークス。ドバイ遠征帰りのゴールデンバローズが断然人気の様相だ。一方、今週から開幕した函館では、サマースプリントシリーズの第一戦となる函館スプリントステークスが行われる。今回もまた優馬TM陣のバトルが熱い!

競馬イメージ

ゴールデンバローズの取捨は… 堅い重賞ユニコーンSをデータで攻略

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 堀厩舎12週連続Vをかけて凱旋を飾りたいゴールデンバローズ。それに対するは走破時計で上回る青竜S組。次世代のダート界をリードするのはどの馬か。サマースプリントシリーズ緒戦、函館スプリントSも掲載!

競馬イメージ

イカが美味い 景色も温泉もいい そんな函館で探す“隠れた北海道巧者”

【優馬編集長日誌】 北海道シリーズが開幕 函館に行こう

競馬イメージ

足りないのは「お祭り」感? 5年連続フルゲート割れの宝塚記念

【馬声人語】 ゴールドシップの3連覇が達成されるのかどうかが最大の見所となった宝塚記念。有力馬の回避が目立ち、手薄な感も否めないが、これもまた例年通りの傾向でもあり…。

トウショウドラフタ

前向きな走りで父アンライバルドに初勝利をプレゼント トウショウドラフタ

【優馬2歳馬チェック】 今年が初年度産駒のデビューとなるアンライバルド。その父に初勝利をプレゼントしたのが名門、トウショウ一族の血を引くトウショウドラフタだった。また、翌日の東京1800mを勝ち上がったメジャーエンブレムもキラリと光る強い勝ちっぷり。

エイシンヒカリ(撮影:日刊ゲンダイ)

サイレンススズカの背中を知る男が仕掛けた“優等生の競馬” エイシンヒカリ

【佐藤直文 先週のレース回顧】 エプソムカップは、エイシンヒカリが、まさかの溜め逃げで後続を振り切った。まだ課題が残る中で、求められる“結果”を引き出した武豊騎手会心の騎乗であった。

調教ではむしろ左回りのほうがスムーズに走るというエイシンヒカリ(手前、撮影:日刊ゲンダイ)

エイシンヒカリ、昨秋の大斜行は“たまたま” エプソムC&マーメイドS座談会 

【激論!優馬TM座談会】 6週連続での春GIシリーズも終了し、上半期のビッグレースは2週後の宝塚記念を残すのみとなった。今週は、東京で伝統の重賞エプソムカップ、阪神で荒れる牝馬のハンデ重賞マーメイドステークスが行われるが、GIと同じモチベーションで優馬TM陣が激論を戦わせる。

東京競馬場パドック

逃げのエイシンヒカリと差しのサトノアラジン データが上位に取ったのは… 

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 GI連続開催こそ一息ついたが、エプソムCには未来のスター候補生が参戦。息つく間もない好レースの予感。波乱必至の牝馬限定ハンデ重賞、マーメイドSも掲載中!

競馬イメージ

優馬編集長 エプソムカップはフルーキーの雰囲気に流される?

【優馬編集長日誌】 今年の3歳馬、先週の活躍は本物か。サトノアラジンにはモーリスがダブる

競馬イメージ

JRA所属馬が韓国で初勝利 身近になった海外遠征のメリットとデメリット

【馬声人語】 安田記念と同じ日、エスメラルディーナが韓国遠征で勝利を収めた。同じ馬主による2ヵ国での同日重賞制覇の快挙となったが、両国の競馬と、身近になった海外遠征について考えてみたい。

ノーステッキで他馬を圧倒したロードクエスト(撮影:日刊ゲンダイ)

ノーステッキで他馬を切り捨てたロードクエストは重賞級の器

【優馬2歳馬チェック】 先週から始まった新馬戦。東西で土日に1鞍ずつ、計4鞍の新馬戦が行われ、来年のダービーに向けた戦いが幕を開けた。1番人気が全て敗れるという波乱ではあったが、日曜の東京で勝ち上がったロードクエストのレースぶりは中々のモノで、この先も期待できそうだ。

正攻法で安田記念を制したモーリス(撮影:日刊ゲンダイ)

あんな競馬ができるのか 完璧なレース運びでモーリスが完勝

【佐藤直文 先週のレース回顧】 GI初挑戦にして1番人気に推された安田記念のモーリス。戦前の不安を一掃する正攻法の競馬で、混沌としていたマイル界の頂点に立った。

競馬イメージ

フィエロ藤原英師は勝てるだけの手応えあり 対してモーリス陣営は“冷静”

【激論!優馬TM座談会】 東京連続GI開催も、この安田記念でラストを迎える。昨年の覇者が不在となる今年、果たしてマイル界に新星誕生となるのか。優馬TM陣の激論もレース同様にヒートアップ。

競馬イメージ

フィエロ、モーリスは評価ダウン 安田記念は前走レースに注目

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 ジャスタウェイ、ロードカナロアと世界トップクラスの馬達が近年の勝ち馬。断然の主役がいない今年はどうなる? 宝塚記念の重要なステップ、鳴尾記念も掲載!

全1569件中 1481~1500件目を表示