アドマイヤデウス の記事一覧

12

全26件中 1~20件目を表示

サトノダイヤモンド

TM人気は「サトノD>武豊キタサン」 今年ラストの馬券1万円勝負

今年はクリスマス決戦となる有馬記念。3歳勢としては唯一の参戦となった菊花賞馬サトノダイヤモンドに、ゴールドアクター、キタサンブラックなど、昨年の上位入線組も揃う豪華メンバーで、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。ハッピークリスマスを迎えるのは、果たして誰か?

シュヴァルグラン

武豊キタサンはランク外、サトノDは5位 有馬記念の調教BEST5

有馬記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。栗東は濃霧のアクシデントもありましたが、各馬の評価は如何に…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

サトノダイヤモンド

有馬記念勝利のポイントは7つ! データ班今年最後の◎は…

キタサンブラックとサトノダイヤモンド。2頭の菊花賞馬がグランプリの舞台で激突!伏兵台頭の余地はあるか、それとも順当決着か、データ班が今年最後...

モーリス

モーリス不人気で記者◎はアノ馬に集中 天皇賞・秋トークバトル

今週は中距離における最高峰の座を賭けた戦い、天皇賞・秋。内外のマイルGIを4勝している昨年の年度代表馬モーリスが、中距離王の称号も手にするのか。それとも、毎日王冠好走組や、昨年の1・2着馬らが壁となって立ちはだかるのか。そして海外でGIを制した馬たちも国内GI初制覇を狙ってきた。数々の名勝負を刻んできた東京2000mに、今年はどんなドラマが待ち受けているのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

ラブリーデイ

穴馬もランクインの調教BEST5 モーリスは3位、気になる1位は?

競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。天皇賞(秋)出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。豪華メンバーが揃って難解なレースとなりそうですが、追い切り評価が高かったのは…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

キタサンブラック

競馬を熟知した武豊に導かれ キタサンブラックが体力温存で好発進

まつりの準備は整ったキタサンブラック道中の隊列自体はある程度予想された通りだったが、1000m通過62秒0はかなり遅いペース。この流れを大本...

キタサンブラック

武豊キタサンでOK? 京都大賞典を勝つために必要な6つの条件

去年と同様、10頭立てと少し寂しい頭数になったが、キタサンブラックとラブリーデイという2頭のチャンピオンホースが揃い踏み。データはどちらに軍...

キタサンブラック

余裕残しのキタサンブラック 衰えは全くないラブリーデイ

主役譲らぬキタサンブラックに過去の覇者も黙ってはいないデスク「京都大賞典も、毎日王冠と同様に有力馬のほとんどが休み明けで目標が先にある馬ばか...

サウンズオブアース

GI未勝利馬が1位で波乱の予感? 天皇賞(春)・調教BEST5

競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。天皇賞(春)出走馬の中から、調教・最終追い切りの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ゴールドアクターで磐石か、サウンズオブアースの逆転か。天皇賞(春)の追い切り評価1位は…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

ゴールドアクター

春の盾、データ班は2頭軸で勝負! 選ばれたのはゴールドアクターと…

ゴールドアクターが更なる連勝街道を突き進むのか、サウンズオブアースが逆転を果たすのか、それとも勢いある4歳勢の下克上か。例年以上にヒートアッ...

シュヴァルグラン

快勝シュヴァルグラン 抜群の操縦性はまさしく“ステイヤー“

春の盾へ大きく前進シュヴァルグランレース序盤で12秒台前半のラップが続く長距離戦としてはタイトな流れ。スローに落としての瞬発力勝負では分の悪...

トーホウジャッカル

シュヴァルグランに3000mは酷? 阪神大賞典データ予想

過去10年で1番人気馬が馬券外に沈んだのはわずかに1回。オルフェーヴルの逸走やゴールドシップの3連覇など、数々の名シーンを生み出してきた伝統...

直線入り口で抜け出して完勝したサトノクラウン(撮影:日刊ゲンダイ)

積極策で混戦を断ったサトノクラウン GI戴冠も時間の問題

デキ8分での完勝劇サトノクラウン京都は、朝の時点での不良から重にまで回復したとはいえ、東京以上の道悪となり、2分17秒7という決着タイムが示...

レーヴミストラル

「状態キープ」レーヴミストラル、「8分のデキ」サトノクラウン

注目は4歳馬だが、勢いか実績かデスク「京都記念は結構難しいよな。今年に入って重賞を勝っている馬に、一息入っている実力馬、そして過去の好走例が...

競馬イメージ

京都記念は今年も波乱? データ班は有馬好走の古豪に◎

昨年はキズナとハープスター、一昨年はジェンティルドンナがよもやの敗戦。トップクラスの馬達にとってはシーズンの始動戦になることも多く、波乱の目...

レーヴミストラル

優馬編集長日誌 2月11日号「堅い軸馬」

別定重賞を勝ってこそ本物先週までの芝1800m以上の古馬重賞は3鞍中2鞍を4歳馬が制している(牝馬限定戦は除く)。4歳馬といえば、これからが...

ゴールドシップ

問題児ゴールドシップは「1着か着外」 優馬トラックマンによる有馬記念トークバトル

【激論!優馬TM座談会】 いよいよオーラスの有馬記念。ショウナンパンドラの直前回避は残念だが、それでも豪華メンバーが揃い、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。当然ながら、座談会も予定時間をオーバーしてヒートアップ。

ラストインパクト

有馬記念の調教BEST5を大公開 第1位はモノスゴイ穴馬で万券必至!

【調教BEST5】 有馬記念の出走馬の中で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。前回のジャパンカップではランキング1位のショウナンパンドラが見事優勝。有馬記念の追い切り評価1位は…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

ラブリーデイ

運命を左右するのは枠順? 大一番有馬記念、データ班の◎はこの馬!

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 今年も注目を浴びた有馬記念の枠順抽選会。データ的にも枠順は重要なポイントで…。素質馬揃いホープフルS、スーパーGII・阪神Cも完全掲載!

ラブリーデイ

ラブリー&ミッキー、2頭出しの真相は… ジャパンC座談会でマル秘情報をチェック

【激論!優馬TM座談会】 今年で35回目を迎えるジャパンカップ。今回は欧州から4頭の外国馬が参戦してきたが、目下9連勝中の日本勢に一泡吹かせることができるのか。迎え撃つ日本勢は、GI2勝を含み今年の重賞を6勝しているラブリーデイ、牝馬二冠馬ミッキークイーン、そしてラスト2戦となったゴールドシップの走りにも注目したい。

全26件中 1~20件目を表示

12

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル