マリアライト の記事一覧

12

全24件中 1~20件目を表示

サトノダイヤモンド

TM人気は「サトノD>武豊キタサン」 今年ラストの馬券1万円勝負

今年はクリスマス決戦となる有馬記念。3歳勢としては唯一の参戦となった菊花賞馬サトノダイヤモンドに、ゴールドアクター、キタサンブラックなど、昨年の上位入線組も揃う豪華メンバーで、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。ハッピークリスマスを迎えるのは、果たして誰か?

シュヴァルグラン

武豊キタサンはランク外、サトノDは5位 有馬記念の調教BEST5

有馬記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。栗東は濃霧のアクシデントもありましたが、各馬の評価は如何に…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

クイーンズリング

出負けも慌てず騒がず 最上級のエスコートでクイーンズリングが戴冠

遂に射止めた女王の座パーフェクト騎乗でクイーンズリング前半1000m通過が61秒8のスローペースは、戦前から予想されていた通りであり、有力ど...

マリアライト

マリア・ミッキーに不安材料あり? 優馬TMの一番人気はコノ馬

今週から暮れの有馬記念まではGIレースが7連戦となるが、その先陣を切るのは、牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯だ。連覇を狙うマリアライトに、昨年は涙を呑んだ4歳勢が再チャレンジとなるばかりか、二冠牝馬ミッキークイーンも間に合った。そして少数精鋭の3歳勢も。優馬TM陣は、いったいどの馬に狙いを定めるのか。

パールコード

マリアライト○ ミッキークイーン▲ データ班の◎は一体どの馬に?

女王復権を目指すミッキークイーン、新たに宝塚記念の称号を得たマリアライトが激突。そして良績目立つ3歳勢からは秋華賞2着のパールコードが参戦。...

ゴールドアクター

“鉄砲適性”が明暗 ゴールドアクターが着差以上の完勝

まさに役者が違うゴールドアクターがGPホース対決を制すこのレースに限ったことではないが、ここが秋の始動戦となる有力馬にとって、あくまで先に目...

ゴールドアクター

ゴールド&マリアの仕上りは? オールカマー逆転候補はコノ馬

まさに雌雄を決するグランプリホースゴールドVSマリアデスク「古馬の中長距離路線も、秋緒戦を迎えるわけだが、直近の有馬記念と宝塚記念の両グラン...

マリアライト

オールカマー、2頭のグランプリホースをデータで徹底解析

ゴールドアクターとマリアライト。2頭のグランプリホースが激突するオールカマー。秋のGI戦線開幕を前に、早くも注目の対決が実現!優位に立つ宝塚...

マリアライト

掛け値なしに強かったマリアライト 2着ドゥラメンテは底力を見せるも…

強力4歳勢を捻じ伏せてマリアライトが宝塚で女帝の座に昨年のジャパンカップが2分24秒7の決着だったのに対し、ドゥラメンテのダービーは2分23...

ドゥラメンテ

厩舎担当コジが断言「ドゥラメンテに不安なし」 宝塚TM座談会

上半期の総決算となる“サマーグランプリ”宝塚記念。二冠馬ドゥラメンテ、天皇賞を制してファン投票1位で臨むキタサンブラックの4歳勢に、復権を賭ける昨年の覇者ラブリーデイ。もちろん、ここでGI初制覇を目論む馬も揃う中で、優馬TM陣も上半期のラストを締めくくるヒットを狙う。

キタサンブラック

ドゥラメンテは3位、武豊キタサンは… 宝塚記念の調教BEST5

宝塚記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ドゥラメンテを筆頭に海外帰りの強豪達の仕上がりは如何に?全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

キタサンブラック

海外組ドゥラメンテと国内組キタサン、どちらが有利? 宝塚記念データ予想

ドゥラメンテ、キタサンブラック、ラブリーデイ。GI3勝目を狙う最高峰の馬たちがグランプリで激突。海外帰り?伏兵の出番?データが示したのは果た...

クリプトグラム

重賞初Vのクリプトグラムは、今後も“目が離せない存在”

更なる高みを目指してクリプトグラムが初重賞制覇ダービーの熱狂が覚めやらぬ中で行われた目黒記念は、前半1000m通過が61秒2と、ダービー以上...

ゴールドアクター

力の違いを見せたゴールドアクター 春の天皇賞でも好演必至

盾でも主役は譲らずゴールドアクター暮れの有馬記念出走馬が、ここをステップに春のGI戦線を目指すとともに、実力に恥じない好走をする例が多いが、...

ゴールドアクター

少頭数も豪華メンツ! 日経賞を当てるためのABC

僅か9頭立てとなったが、メンツは豪華。有馬記念の1、2着馬に加えてエリザベス女王杯馬もエントリー。グランプリと同じ舞台で再びの熱戦が期待され...

ゴールドアクター

主役はシップからアクターへ 黄金色に染まった夢舞台

【佐藤直文 先週のレース回顧】 ファン投票のみならず、単勝でも1番人気に支持されたゴールドシップ。そのラストランを勝利で飾れるかが注目された有馬記念だが、勝利を手にしたのは、同じゴールドでも、ゴールドアクターだった。

ゴールドシップ

問題児ゴールドシップは「1着か着外」 優馬トラックマンによる有馬記念トークバトル

【激論!優馬TM座談会】 いよいよオーラスの有馬記念。ショウナンパンドラの直前回避は残念だが、それでも豪華メンバーが揃い、ドリームレースの名に恥じない一戦となった。この一年の様々な思いをぶつけて挑む優馬TM陣。当然ながら、座談会も予定時間をオーバーしてヒートアップ。

ラストインパクト

有馬記念の調教BEST5を大公開 第1位はモノスゴイ穴馬で万券必至!

【調教BEST5】 有馬記念の出走馬の中で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。前回のジャパンカップではランキング1位のショウナンパンドラが見事優勝。有馬記念の追い切り評価1位は…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

マリアライト

驚異的な成長力でタイトル奪取 勝利の女神はマリアライトに 

【佐藤直文 先週のレース回顧】 昨年の1・2着馬を含む古馬勢に、3歳の精鋭が揃った“牝馬頂上決戦”エリザベス女王杯。激戦を制したのは、重賞未勝利、GIも初挑戦のマリアライトであった。

ラキシス

雨とムーアでラキシスが連覇濃厚? ヒートアップのエリ女座談会

【激論!優馬TM座談会】 牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯。過去10年で、3歳馬と古馬は5勝ずつと互角の星だが、今年もまた同じ図式の戦いとなりそうだ。

全24件中 1~20件目を表示

12

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル