最新 の記事一覧

全1211件中 1041~1060件目を表示

ストレイトガール

スプリント王候補は3頭に絞られた! スプリンターズSをデータで徹底検証

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 スプリント界の頂上決戦、スプリンターズS。多彩なメンバーが揃ったが、データが導き出した勝ち馬候補は3頭。素質馬が集結したシリウスSも掲載!

馬券イメージ

単勝が正解だった? オールカマーで3連単が的中した編集長の悩み

【優馬編集長日誌】 馬券の種類が命取り 正解は結果が出ないと分からないから困ります

競馬イメージ

若手ジョッキーに未来はあるか? 減量期間が3年→5年に延長

【馬声人語】 来年度から見習騎手の減量期間が3年から5年に延長される。外国人騎手の通年免許、地方競馬出身騎手の台頭。JRA若手騎手を取り巻く厳しい状況に光は差すのだろうか。

ロライマ

伯父は幻の三冠馬といわれたフジキセキ 素質馬ロライマが★6つを獲得

【優馬2歳馬チェック】 2週連続で「マツクニ」ブランドから素質馬が出現。伯父にフジキセキがいるロライマが、ルメール騎手を背にデビュー戦を勝利した。中山では米GI7勝のジオポンティ産駒が日本初登場。アメリカンヘブンもまた期待の一頭だ。

ショウナンパンドラ

盾でも注目ショウナンパンドラ 20年ぶり牝馬のワンツー決着

【佐藤直文 先週のレース回顧】 先週も東西で今後のGIを占う重要なステップレースが行われた。中山のオールカマーは、ショウナンパンドラとヌーヴォレコルトで、20年ぶりとなる牝馬ワンツー決着に。菊花賞の最終トライアルである神戸新聞杯は、芝重賞初挑戦のリアファルが、スローの逃げに持ち込んで、リアルスティールの猛追を凌ぎ切った。

ヌーヴォレコルト

復活を果たすのはヌーヴォ? パンドラ? ロゴタイプ? GI馬3強のオールカマーをTMが激論

【激論!優馬TM座談会】 今週もまた東西でGIの前哨戦が行われる。中山では、1着馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられるオールカマー。阪神では、菊花賞の最終トライアルとなる神戸新聞杯。優馬TM陣の激論に加え、先週、東西の重賞を完全攻略したアノ男の馬券は?

競馬イメージ

皐月賞馬ロゴタイプが連敗ストップ? GI馬の復活にデータが太鼓判

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 レコード勝ちの皐月賞から2年半。ロゴタイプが復活を期してオールカマーに登場する。西では菊花賞への切符をかけ、素質馬達が神戸新聞杯で激突!

競馬イメージ

枠連ゾロ目が出る確率は? 悩んだ時に役立つ“数字”のお話

【優馬編集長日誌】 迷った時、強い目を追うべきか 確率論でいくべきか

スマートオーディン

ダノンシャンティ産駒から★7つの大物出現 ダンスインザムードの娘も好素材

【優馬2歳馬チェック】 NHKマイルCを好時計で制するも、直前の故障でダービーへの出走が叶わなかったダノンシャンティ。その息子スマートオーディンが父の無念を晴らすべく、まずは初戦を突破。ダンスインザムードの娘、カイザーバルもなかなかの好素材だ。

キタサンブラック

今度こそ“まつり”を キタサンブラックがサブちゃんと菊の舞台へ

【佐藤直文 先週のレース回顧】 先週は東西で3歳GIのトライアルが組まれた。中山のセントライト記念は、14着と沈んだダービー以来のキタサンブラックが、勝って菊花賞への参戦を決めた。阪神のローズステークスは、上がり馬タッチングスピーチが、オークス馬ミッキークイーンを退けて秋華賞へ向かう。

サトノラーゼン

岩田康J“勝つイメージしかない”サトノラーゼン オークス馬ミッキークイーンにも注目の秋初戦

【激論!優馬TM座談会】 今週は東西で3歳GIのトライアル戦が組まれた。まず、20日(日)は阪神で秋華賞トライアルのローズステークスが、21日(月)には中山で菊花賞トライアルのセントライト記念が行われる。夏場を休養に充てた春の実績馬に、上がり馬がどう挑むのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

競馬イメージ

サトノラーゼンが一歩リード? 東西トライアルをデータ班が徹底解剖

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 ダービー2着のサトノラーゼンを筆頭に、関西勢が討って出てきたセントライト記念。次なる主役は一体どの馬? 桜花賞馬かオークス馬か、それとも別の馬か。激戦必至のローズSも掲載中!

新馬戦を快勝したキタサンブラック

ローズS&セントライト記念の出走馬を、編集長が“4つに分けて”解析

【優馬編集長日誌】 充電した馬が強いのか 順調な馬が強いのか

398キロの小柄な牝馬アドマイヤリードがデビュー勝ち(撮影:日刊ゲンダイ)

来春のヒロイン候補はいまだ現れず? 夏の2歳戦を徹底回顧(牝馬編)

【馬声人語】 先週の牡馬編に引き続き、今週は夏競馬の2歳戦、牝馬の勝ち上がり馬について振り返っていく。

エアスピネル

エアメサイアの仔エアスピネルに★6つ 母の背を知る武豊もそのセンスを高評価

【優馬2歳馬チェック】 秋華賞馬エアメサイアを母に持つエアスピネル。母の手綱も取った武豊Jを背に、エアスピネルが楽々とデビュー勝ち!中山・阪神開催の開幕週ともあって、なかなか見所のあるメンバーが揃った今週は要チェックだ。

フラアンジェリコ

実況泣かせのゴール前 見事にハマッた田辺&フラアンジェリコ

【佐藤直文 先週のレース回顧】 秋競馬の開幕週とはいえ、東西の日曜メインはサマーシリーズの最終戦。中山の京成杯オータムハンデキャップは、ゴール前の大接戦を伏兵フラアンジェリコが制した。阪神のセントウルステークスは、ハナを切った3歳馬アクティブミノルが、これまたゴール前で4頭横一線となった中で、逃げ切っての大金星となった。

アルビアーノ

次代の女傑候補アルビアーノの出来は… 京成杯AH&セントウルSを優馬TM陣が斬る!

【激論!優馬TM座談会】 いよいよ開幕の秋競馬。とはいえ、東西のメイン重賞は、サマーシリーズの最終戦と位置付けられており、中山ではマイルシリーズの京成杯オータムハンデキャップ、阪神ではスプリントシリーズのセントウルステークスが行われる。シリーズ王者を決める戦いを、優馬TM陣が斬る!

インから鋭い末脚を繰り出したウリウリ(撮影:日刊ゲンダイ)

サマーチャンピオンは岩田康&ウリウリで決まり? セントウルS・京成杯AHをデータで解剖

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 夏競馬が終わり……そうでまだ終わっていない。サマーシリーズのスプリント&マイル最終戦、セントウルSと京成杯AHをデータで丸裸に!

関屋記念

秋競馬開幕直前! 3歳馬のレベルを優馬編集長が再チェック

【優馬編集長日誌】 秋競馬で3歳馬を どう取り扱うか

ポルトフォイユ

来年のクラシック候補はこの馬だ! 夏の2歳戦を徹底回顧(牡馬編)

【馬声人語】 新潟・小倉・札幌の開催が終わり、夏のローカル開催も一段落。秋競馬に入る前に、2歳馬チェックの評価をもとに夏の2歳戦を振り返ってみたい。

全1211件中 1041~1060件目を表示