【宝塚記念】「主役は関東馬」と判断する前に 是非ともしておきたい関西馬の調教チェック

調教班レポート
宝塚記念

6月25日(土)東京11R 払戻金14万9900円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

前走並みの状態には持ってこれた ディープボンドが今度こそ

 本来なら確固たる軸馬となるはずだったエフフォーリアが前走で大敗してブリンカーを装着したり、パンサラッサの参戦によりタイトルホルダーの単騎逃げが見込めなかったりと、今年の宝塚記念は何が起きても驚かない。付ける印が足りないほどの混戦だ。

 関西馬の中で人気を集めるのはディープボンド。GI制覇、最大のチャンスと思われた前走で完璧な仕上げを施されただけにさすがにそれ以上ということはないが、リフレッシュ放牧を挟んで同じ状態に持ってこれた。1週前に併せ馬で負荷をかけて直前単走はいつものパターン。あとは距離や良馬場での時計勝負を克服できるかだろう。

 パンサラッサは有馬記念の結果だけを見ると有力馬と力差がありそうだが、年明けから本格化した可能性がある。元々調教駆けするだけに馬なりでの坂路51秒7は当然といった感じだが、以前と違うのは終いまで余力が残っているということ。ドバイでの叩き合いや先週のコース追いを見ると一本調子な面が解消されてきたように思う。

ディープボンド

中間にリフレッシュ放牧を挟んだが前走同様のデキには持ってこれたディープボンド

 

まだ完調にはなくとも マークしておきたいデアリングタクト

 大阪杯の覇者ポタジェは調教の動きがいつも地味で仕上り具合を判断しずらいが、数々のGI馬を誕生させている友道厩舎なら9分以上にあるはず。

 最後にデアリングタクトに触れておきたい。追い切りでは弾むようなフットワークが戻ってきた。まだ馬体に緩みがあるので完調とまではいかないが、変わりそうな気配はある。(栗東調教班・須藤大和)

デアリングタクト

弾むようなフットワークが戻ってきたデアリングタクト

筆者:


1974年神奈川県生まれ 1997年入社。栗東坂路の時計班で、関西本紙予想を担当。予想スタイルはオーソドックスで、馬券は、ほぼ単勝・馬連・3連複のみ。オグリキャップ時代の競馬ブームの頃に、周囲につられてのめり込んだことで、この世界に。

6月25日(土)東京11R 払戻金14万9900円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

6月25日(土)東京11R 払戻金14万9900円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル