レーヴミストラル の記事一覧

12

全29件中 1~20件目を表示

サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンドに死角は? ルメールは自信「日本で一番強い馬」

最強サトノダイヤモンドに昨年の覇者がどこまで迫るかデスク「ここはできることならサトノダイヤモンドを蹴飛ばしたくて、何かマイナスデータがないか...

サトノダイヤモンド

今年初戦のサトノダイヤモンド その「硬度」をデータで検証

3歳にして有馬記念を制覇。「現役最強」と言っても過言ではなくなってきたサトノダイヤモンドが登場。データが口を挟む余地があるのか甚だ疑問だが、...

カフジプリンス

“サトノダイヤモンド世代” 明け4歳勢の実力は? 日経新春杯を激論

揃いも揃った4歳勢狙いはどの馬?デスク「このレースの近年の傾向は“4歳馬強し”だな。今年もイキのいい4歳勢が目移りするほど揃っているし、どこ...

ミッキーロケット

日経新春杯は明け4歳が断然有利 データ班の◎は…

年末の有馬記念をサトノダイヤモンド、年明けの京都金杯をエアスピネルが制し、覇権を握ろうとしている明け4歳世代。そして目下4連勝中の日経新春杯...

ゴールドアクター

昨年V横山典が乗りたかった馬とは… 座談会にトレセン生情報が集結

古馬最高峰の座を賭けた天皇賞・春。前哨戦の日経賞でライバルたちを退けたゴールドアクターが、有馬記念に続いて2つ目のタイトル獲得となるのか。近年は1番人気受難の傾向もあり、波乱のドラマが生まれるのか。GWなど無縁の優馬TM陣が徹底討論。

サウンズオブアース

GI未勝利馬が1位で波乱の予感? 天皇賞(春)・調教BEST5

競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。天皇賞(春)出走馬の中から、調教・最終追い切りの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。ゴールドアクターで磐石か、サウンズオブアースの逆転か。天皇賞(春)の追い切り評価1位は…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは調教第5位からカウントダウンスタート!

シュヴァルグラン

優馬編集長日誌 4月28日号「マラソンランナーは痩せている」

昨年はフェイムゲームが2着昨年の天皇賞(春)ウィークの当欄で"長丁場は小さい馬の方がいいのではないか"といったことを述べさせてもらった。マラ...

モーニン

優馬編集長日誌 2月18日号「フェブラリーS」

すいませんでした柄にもなく人気馬を軸にしたことが悪かったのか。先週の京都記念は軸馬として勝負したレーヴミストラルが惨敗してしまった。馬場が悪...

直線入り口で抜け出して完勝したサトノクラウン(撮影:日刊ゲンダイ)

積極策で混戦を断ったサトノクラウン GI戴冠も時間の問題

デキ8分での完勝劇サトノクラウン京都は、朝の時点での不良から重にまで回復したとはいえ、東京以上の道悪となり、2分17秒7という決着タイムが示...

レーヴミストラル

「状態キープ」レーヴミストラル、「8分のデキ」サトノクラウン

注目は4歳馬だが、勢いか実績かデスク「京都記念は結構難しいよな。今年に入って重賞を勝っている馬に、一息入っている実力馬、そして過去の好走例が...

競馬イメージ

京都記念は今年も波乱? データ班は有馬好走の古豪に◎

昨年はキズナとハープスター、一昨年はジェンティルドンナがよもやの敗戦。トップクラスの馬達にとってはシーズンの始動戦になることも多く、波乱の目...

レーヴミストラル

優馬編集長日誌 2月11日号「堅い軸馬」

別定重賞を勝ってこそ本物先週までの芝1800m以上の古馬重賞は3鞍中2鞍を4歳馬が制している(牝馬限定戦は除く)。4歳馬といえば、これからが...

レーヴミストラル

快勝したレーヴミストラルが、ポスト・ゴールドシップの座へ

自分の競馬に徹してレーヴミストラル前半1000mが62秒0のスローな流れだったが、同じスローな流れとなっても中山と決定的に違うのは、瞬発力の...

シュヴァルグラン

“いろいろあった”シュヴァルグランが、日経新春杯で4連勝?

新星誕生の瞬間を日経新春杯デスク「京都の日経新春杯と言えば、粉雪が舞う中で酷量66.5キロを背負って、海外への壮行レースに臨んだテンポイント...

レーヴミストラル

伝統のハンデ戦・日経新春杯は、明け4歳馬に注目

過去にはルーラーシップやトゥザグローリーなど、GIクラスの強豪馬たちが勝っていたり、引退レースの予定だったテイエムプリキュアがまさかの大番狂...

マイネルラフレシア

優馬編集長日誌 1月14日号「一流馬が怪しい時だからこそ」

日経新春杯は4~5歳の高UK値馬昨年12月27日の紙面にも書いたが、今の古馬・中長距離路線には絶対王者と呼べる馬がいない。だからこそ昨年の年...

サンビスタ

ダートにも女帝誕生 サンビスタ&ミルコが歴史を塗り替える

【佐藤直文 先週のレース回顧】 昨年から中京での施行となり、レース名も新たにしたチャンピオンズカップ。文字通り、各世代のチャンピオンが勢揃いした中で、前身のジャパンカップダート時代から続いていた牝馬受難の歴史を、6歳牝馬サンビスタが見事に覆した。

ロワジャルダン

“強い関東馬”の中に激穴を発見! チャンピオンズCデータ攻略

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 コパノリッキーVSホッコータルマエに強力3歳馬ノンコノユメの末脚が襲い掛かる! 名物重賞ステイヤーズSと金鯱賞もデータで徹底解剖!

タッチングスピーチ

エリザベス女王杯の高UK値馬は… 編集長が今週も4重賞にチャレンジ 

【優馬編集長日誌】 先週はアルゼンチン共和国杯を仕留めましたが、直後のみやこステークスで もっていかれてしまいました。今週はエリザベス女王杯。東京・京都だけでなく福島でも重賞レースが行われます

ゴールドアクター

名優二世ゴールドアクター 父スクリーンヒーローの背を追って、次は世界へ

【佐藤直文 先週のレース回顧】 GIこそ一休みだった先週だが、土曜には2歳重賞が2鞍、日曜は芝とダートで古馬の重賞が組まれた。東京日曜のアルゼンチン共和国杯では、ゴールドアクターが重賞初制覇を成し遂げたが、同じように4歳秋にここを勝ってジャパンCも制した父スクリーンヒーローと同じ道を歩むのか。京都のみやこSでも、ロワジャルダンが重賞初制覇。ダート界に新風を吹き込んだ。

全29件中 1~20件目を表示

12

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル