ディープインパクト の記事一覧

1

全18件中 1~18件目を表示

デュランダル

TMアンケート『追い込み馬といえば?』

前回のTMアンケートのお題は『逃げ馬といえば?』でしたが、今回はその真逆、『追い込み馬といえば?』がお題です。優馬・競友の記者達から最も多くの支持を集めたのは、今週末行われるマイルCSを連覇したアノ名馬! 皆様もコメントでアンケートに参加できます。ドシドシご投稿ください。

ホーリックスとオグリキャップ

TMアンケート『勝ち時計に衝撃を受けたレースは?』

先日フランスで行われた凱旋門賞では「2.23.61」という圧巻のレースレコード。日本でも先週開幕した京都開催では例年通りの高速決着が展開されています。そこで今回は競馬専門紙『優馬』と『競友』の記者達に「勝ち時計に衝撃を受けたレース」について答えてもらいました。なお、今回もコメントでアンケートに参加できます。ドシドシご投稿ください。

サイレンススズカ

TMアンケート『デビュー戦が衝撃的だった馬は?』

今週は2歳世代初の重賞、函館2歳S。いよいよ2歳戦も本格化してきましたが、今回は優馬・競友の記者達に『デビュー戦が衝撃的だった馬』について語ってもらいました。歴史的名馬から未完の大器、個性派がズラリ勢揃いです! なお、今回もコメントでアンケートに参加できます。ドシドシご投稿ください。

オグリキャップ

TMアンケート『“このレースを見れば競馬が好きになる” そんな過去の名勝負・名レースを教えてください』

ドゥラメンテ、キタサンブラック、ラブリーデイ…。歴史に残るような名勝負の予感がする今年の宝塚記念。というわけで今回は、優馬・競友の記者達が最もオススメする名勝負・名レースをご紹介します。なお、今回もコメントでアンケートに参加できます。ドシドシご投稿ください。

サトノアラジン

優馬編集長日誌 6月2日号「馬主」

凄い馬主さんがいたもんだ先週のダービーはマカヒキ。それにしても凄いのは馬主さんの金子真人氏(現在の名義は金子真人HD)だ。金子真人名義のキン...

マイネルバサラ

父○○でボロ儲け! 残り3週となった「夏の2歳単勝」を攻略

【馬声人語】 夏の北海道シリーズも残り3週。それが終わると同時に「夏の2歳単勝」も終了。最後に一花咲かせたい、という事で2歳単勝の攻略法と、上乗せ馬券の持つ意義について考えてみたい。

競馬イメージ

過熱する新種牡馬戦線 ダークホースはワークフォース?

【馬声人語】 2億円近いディープインパクト産駒を負かしたのは新種牡馬ワークフォース産駒。欧州からの輸入が目立つ日本の種牡馬事情について考えてみたい。

競馬イメージ

130億を超えるお金が動いたセレクトセール 主役はやはりディープ産駒

【馬声人語】 落札額の総額が昨年を大きく上回った今年のセレクトセール。今年も目玉はディープインパクト産駒で、高額落札馬が続出。ここから未来のダービー馬は現れるのだろうか?

競馬イメージ

足りないのは「お祭り」感? 5年連続フルゲート割れの宝塚記念

【馬声人語】 ゴールドシップの3連覇が達成されるのかどうかが最大の見所となった宝塚記念。有力馬の回避が目立ち、手薄な感も否めないが、これもまた例年通りの傾向でもあり…。

64年ぶりに牝馬でダービーを制したウオッカ(撮影:下野雄規)

守屋貴光TM・思い出のダービー 2007年第74回『ウオッカの偉業に鳥肌が』

【優馬TM 思い出のダービー】 2007年、ウオッカのダービーが私の一番の思い出。すでにこの世界に入って3年目であったが、実はこの時が生まれて初めて生で観戦したダービーだったのだ。

競馬イメージ

ドゥラメンテの“いとこ”ポルトドートウィユ 高野師「ダービーで堂々と勝負したい」

【Road to Derby 2015】 5月9日に行われる京都新聞杯(GII・芝2200m)で、賞金を加算してのダービー出走を目指すポルトドートウィユ(牡、栗東・高野友和厩舎)。祖母を同じくするドゥラメンテに続いて、クラシックで存在をアピールすることができるだろうか。

育成段階から期待が大きかったレッドライジェル

名門厩舎が狙う“青葉賞→ダービー1着” レッドライジェル

【Road to Derby 2015】 4月4日、中山競馬場で行われた500万特別、山吹賞(芝2200m)で、4角シンガリからの直線一気を決めたレッドライジェル(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)。父ディープインパクトを彷彿とさせる「飛びっぷり」で、一気にダービーの惑星へと浮上した。

競馬イメージ

皐月賞こそ無敗馬の出番? サトノクラウンVSキタサンブラック

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 クラシック一冠目はまさかのフルゲート割れ、1979年以来となる15頭立てとなった。桜は波乱だったが、果たして皐月は? 春の大一番、中山グランドジャンプとアンタレスSも徹底検証!

競馬イメージ

日本では「平地力」が必須? 障害レースの存在意義とは

【馬声人語】 今週は中山グランドジャンプ、先週はイギリスでグランドナショナルと、障害ファン必見の2週間が来た。危険が付きまとう障害レースだが、なぜ多くの人々を熱狂させるのだろうか。

競馬イメージ

逃げればどの馬でも勝てたレースで、冴えたレッツゴードンキ岩田の勝負勘

【佐藤直文 先週のレース回顧】 1985年のエルプス以来、実に30年ぶりの逃げ切り決着となった桜花賞。良馬場に回復したにもかかわらず、1分36秒0の決着タイムは、馬場改修後はもちろん、今世紀に入ってから最も遅いものであった。

競馬イメージ

焦点はキズナの相手探し? GI馬6頭が集結した大阪杯

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】 昨年は同世代のクラシックウィナー達の揃い踏みで注目を集めた大阪杯。連覇を目指すキズナを筆頭に、今年も錚々たるメンバーが揃った。そして実力伯仲のマイル重賞、ダービー卿CTも徹底分析!

デビュー2連勝で共同通信杯を制したリアルスティール(撮影:下野雄規)

目標はダービー、そして世界へ 歴史的名牝の血を引くリアルスティール

【Road to Derby 2015】 2戦2勝で臨んだ3月22日の皐月賞トライアル・スプリングステークスで、クビ差2着と土が付いたリアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎)。ただ、本番を意識したレースぶりで、敗れて強しをアピール。皐月賞のみならず、ダービーまで目が離せない逸材だ。

初の中山コースも苦にせず弥生賞を快勝したサトノクラウン(撮影:下野雄規)

最もダービーに近い馬、サトノクラウンが持つ貴重な血

【Road to Derby 2015】 3月8日に中山競馬場で行われた皐月賞トライアル・弥生賞を快勝し、無傷の3連勝でクラシックに臨むサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎)。皐月賞はもとより、今、最もダービーに近い馬であることは間違いない。

全18件中 1~18件目を表示

1

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル