ビッシュが次元の違う脚で快勝 秋華賞でも有力

佐藤直文 レース回顧
紫苑S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2分を切る優秀な時計 ビッシュが秋華賞へ一足早く立候補

 昨年までのオープン特別から重賞へと昇格し、秋華賞の優先出走権も3着にまで与えられることとなった。そのせいか、今年はオークス3着馬を筆頭に上位馬のレベルが上がった印象を受ける。これまでは、ローズSに一極集中していた秋華賞のステップレースだが、有力馬が分散することにより、より本番での対決に興味が深まると言えよう。

 その栄えある“第1回”の優勝馬となったビッシュ。懸念された大外枠も何のその、初騎乗ながら自在に操った戸崎圭騎手の好プレーをまずは褒めたいが、3角手前から外を回って進出して1頭だけ次元の違う強さでもあった。改めてオークス上位組のレベルの高さを示すとともに、クッション性の保たれた馬場で2分を切る優秀な時計からも、ローズSの結果を待たずして本番での有力馬に名乗りを上げたと言える。

ビッシュ

外からあっという間に抜けてきたビッシュが栄えある第1回の優勝馬に(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ヴィブロスは、2馬身半差の完敗ではあったが、3角でゴチャつく不利がなければ、もっと差は詰まっていただろう。500万条件戦とはいえ、前走で見せた強さが本物だったということであり、春には歯が立たなかった上位との差も詰めた上での本番が楽しみになった。

 3着フロンテアクイーンは、そこからさらに3馬身半差。この馬にも不利があっただけに、そっくり能力差とはいえないが、オークス6着の実力を考えればもっと走って良かったはずだ。久々の分もあっただろうが、本質的に2000mは少し長いのかもしれない。

 4着パーシーズベストは、道中シンガリに近い位置取りから長くいい脚を使っていた。僅かの差で出走権獲得はならなかったが、もっと距離が延びていい印象を受けたのに加え、違う乗り方でも良さそうなタイプ。いずれは重賞戦線で顔を出すだけの力はある。

 5着パールコードは、本番への出走へ賞金が足りているだけに、仕上げも含めて無理をしなかったとも言えるが、鞍上の川田騎手はここが当日の初騎乗だったもので、馬場を確かめる意味でも他で騎乗レースを確保しておくべきではなかったか。春はオークスを回避して秋に備えたのである以上、秋緒戦からベストの走りを期待したのだが…。

 これまた本番への賞金が足りていたエンジェルフェイスは、外枠からスムーズに先行できていたにもかかわらず、直線で失速。叩き良化型とはいえ、ここまで大きく負けるようでは本番も厳しいと言わざるを得ない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル