“こういう競馬もできる”ビッグアーサーが、スプリントGI春秋連覇へ

佐藤直文 レース回顧
セントウルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まさに横綱相撲で ビッグアーサーがスプリントGI春秋連覇へ

 大本命馬の逃げという予想外の展開となったセントウルS。前半3ハロンが33秒1という速さだったのに対し、後半は34秒5と時計がかかったが、並みの馬なら歩いても不思議ではないラップを刻み、しかも58キロを背負っての逃げ切りには脱帽せざるを得ない。

 そのビッグアーサー。最内枠でモマれるのを嫌って出して行ったようにも思えたが、これまで一度もこういった競馬をしていないにもかかわらず、きっちりと対応して見せるセンスはさすがである。加えて、このメンバーならどんな競馬をしても負けない、という自信が鞍上にも見て取れた。とにかく今回に関しては“行って正解”だったわけだが、本番のスプリンターズSでは同じ競馬はできないだろう。ただ“こういう競馬もできる”ということを示したことは、他のライバルに対しても大きなアドバンテージとなるはずだ。

ビッグアーサー

ハイペースの逃げを打ちそのまま押し切ったビッグアーサー(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ネロは、前に行くと見られていたが、行かなかったのではなく行けなかった印象。勝負どころでもけっして手応えは良くなかったが、直線で渋太く脚を伸ばした形だ。コーナーのある1200mでもやれることは十分にアピールしたように思う。

 3着ラヴァーズポイントは、前を深追いすることなく流れに乗れていたが、別定54キロを背負ってここまで走れたことは、地力強化の証明だろう。

 4着アースソニックは、いつもより前目の位置で流れに乗せて行ったもの。近走は後方から運ぶ競馬で不振が続いていたが、流れに乗せてなおかつ脚を溜める今回のような形が理想かもしれない。

 5着スノードラゴンは、序盤で勝ち馬の首に鈴を付けに行った分、ラストは甘くなってしまったが、これまた競馬の選択肢を広げたという点では悪くない内容。年齢や斤量を考えても、よく走っている。

 ダンスディレクターは、出遅れたのは仕方ないが、あれだけ後ろから運んでは、いくら脚が溜まっていても届くわけはない。目標への叩き台だったにしろ、鞍上に策がなかったことが惜しまれる。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル