ラブリーデイ&エイシンヒカリに迫る馬は? 座談会で天皇賞・秋の穴馬をチェック

優馬TM座談会
天皇賞(秋)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の覇者もデキ上昇

坂倉「あと、これまた外枠を引いてちょっとヘコみ気味ですが、毎日王冠で◎を打ったスピルバーグも良くなってますよ。デスクは忘れてるかもしれませんが、昨年の勝ち馬なんですし、激変もありかと」

馬場「前走は肉体面の仕上がりは良かったんですが、気持ちが乗り切れていなかったようですね。この中間はブリンカーを着けて追い切るなど、気持ちを乗せる工夫を施していますし、馬体のハリや雰囲気などは間違いなく昨年に近いです。ホント、気持ちだけだと思いますよ」

小野智「そのへんについて北村宏騎手は“調教でブリンカーを着けたら気合が乗って前走とは一変。これだけ走る気が出たのなら実戦では要らないし、昨年のデキに戻っている”と。2週連続で獲っちゃいますかね」

久光「あと、ラストインパクトなんですが、人気のラブリーデイとの対戦成績が3戦3勝なんですよね。しかも、2000mでのレコード勝ちで退けたものを含んでいることを考えれば、今回の人気が不当に思えます。前走は小回りの札幌で外を動くキツい競馬。広い東京なら台頭の余地はありますよ」

加茂「前走は馬体重が示すとおり、太目残りの影響もあったはずや。走り慣れた栗東での稽古に戻り、見た目にも体が引き締まって、前走とは全然違う馬体やで。このあとは、ジャパンC→有馬記念の予定やけど、最も適した条件は今回やろ。マツパク先生にとっても最後の天皇賞やし、一発の魅力は十分あるで」

持木「僕は先行馬が総崩れとなった春の天皇賞での3着を評価してカレンミロティックを狙います。前走同様の2番手で、それほど速いペースになるとも思えませんし、巧く流れに乗れれば、粘り込みも十分ありますよ」

瀬古「前走の京都大賞典もスローペースでしたが、スピードの持続力が武器なので、あそこまで遅くなって瞬発力勝負となったのは不向きなんですよ。それでも3着なんですから力は侮れませんね。同じ左回り2000mの金鯱賞を勝っていますが、その時の2着馬が本格化以前とはいえラブリーデイだということもお忘れなく」

福田ヴァンセンヌの前走やけど“中身ができていない”ちゅう陣営のコメント通り、ぶっちゃけ勝負を度外視したレースやったんや。本番を睨んでのリハーサルみたいなもんやな。ただ、着順ほど悲観する内容でもなくって、折り合いが付いたことで距離が延びても大丈夫やっちゅう感触は掴んだ様子やったで。井上助手も“僅か中2週でも実戦を使ったことで、ここまで変わるとは。調教でも前の馬を追い抜こうとする前向きさが出てきて、スイッチが入った感じですね”と。鞍上とのコミュニケーションも、今度は巧くいくんとちゃうか」

須藤「僕も今年は荒れることを前提とした予想ですが、ワンアンドオンリー◎ですね。ダービー馬ながら、ベストは2000m前後の馬だと思いますし、ここ1年は条件が噛み合わずに結果が出ていませんが、体の造りや調教から成長が止まったようには見えません。父も4歳秋に大変身してますからね。同期の皐月賞馬イスラボニータともども、クラシックホースの復活に期待します」

瀬古「この馬も前走の流れは不向きでした。近走の最終追いではジョッキーに任せてあまり速い時計を出していませんでしたが、今回は赤木助手が乗って意識的に飛ばしての好時計。この一追いが刺激になれば、変わる余地もありますね」

デスク「最後に、残った馬の中から、智美人脈の騎手レポートを頼む」

小野智ステファノスの戸崎圭騎手は“前走は馬を造っていないと聞いていたから、今回は当然それ以上ですよ。ただ、一変して勝てるかと言えば、そんなに楽ではないですね”と。3連系の押さえなら、ってとこでしょうか。ダコールの三浦騎手は“栗東で追い切りに乗ってきましたが、動きはまあまあ。2走前は本当に強かったですから、一か八かの競馬に徹します”と。何をやらかすんでしょうかねぇ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル