陣営が太鼓判を押す4歳馬 陣営が色々と工夫してきた4歳馬

優馬TM座談会
京都記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでの復活を期す馬たちも

吉田ノーブルマーズの前走は、不利とは言わないまでも、勝負どころでゴチャついて進路がなくなり後方まで位置取りを下げるロスがあったもの。ゴール前では一息伸び負けしたように見えますが、4着という着順以上の評価をするべきかと思います。今回は展開面を考えても、スムーズならチャンスはあるはずです」

加茂「いずれにせよ、前走は復調を示す内容やったし、陣営も“普段でもいい頃に見せる仕草が出てきた。使いながら良くなる馬で、体調は更に上向いているし、展開云々よりも自分のリズムでレースができるかに尽きる”と、トーンアップ。有力どころが一長一短のある馬ばかりで、この馬にも十分チャンスがあるはずですわ」

デスク「GI馬のうち、まだ名前の挙がらない馬もいるんだが」

須藤マカヒキは、3歳春当時の迫力ある動きを取り戻すことができず、GIでは勝ち負けできない馬、との印象を受けますが、勝ちに等しかった札幌記念の内容が示すように、GIIならまだまだ活躍できていいはずですね」

広田「担当の大江助手によると“天皇賞と有馬記念の2戦は、札幌記念当時のデキにはなかった”とのことでしたが、今回は前走後から厩舎でジックリと乗り込んだことで“ようやく札幌当時の状態まで持ち直してきた”のなら、久々の勝利も十分可能でしょう」

マカヒキ

6歳になったダービー馬マカヒキ(撮影:日刊ゲンダイ)

中邑「僕はハートレーを狙います。新馬とホープフルSを連勝した以降は馬券圏にすら入っていない馬ですが、実は今回のようにレース間隔を詰めて使えるのはその当時以来なんですよ。当然、体調面での上積みは大きいはずですし、昨年の3走を振り返ってみても、敗因は洋芝とハッキリしている2走前以外は、久々としては上々の内容でしたからね。ここでの復活があって不思議はないですよ」

大江原「前走は久々もあったけど、追走に余裕がなかったし、結果的に1800mの距離がこの馬には忙しかった印象を受けるよ。“去勢後に減った体重は数字的には戻り切っていないが、馬体のハリはいいし、細いイメージは全くない”と、手塚師も順調に使えての上積みをアピールしていたけど、メンバーのレベルも上がる重賞でどこまで戦えるのかは、微妙なところだと思うけどな」

デスク「加茂も言っていたように、一長一短のメンバー構成で難しいんだけど、やっぱり素直に4歳馬を買っとけばいいレースなんじゃないかと思うんだ。人気でもステイフーリッシュ、という面白くない結論でスマンが…。“難しいレースこそケントク買いで、ケントオー”って言ってくれるヤツがいないのは、けっして淋しいわけではないからな!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル