怪物娘ミスエルテの本質はスプリンター? 本紙田崎は牡馬に◎

優馬TM座談会
朝日杯フューチュリティS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意地を見せるか牡馬勢 本紙田崎はこの馬に◎を

田崎「僕はダンビュライトの能力が相当高いと判断して◎を打ちました。前走は直線で内にモタれた分の負けで、勝ったブレスジャーニーが続く東スポ杯も勝ったように、レベルも確かな一戦でした。馬具で矯正されて真っ直ぐ走ることができれば、ここでも勝ち負けになると見ています」

武井「今回は僕も田崎君と同じ意見です。前走は外から迫ってきた勝ち馬に過剰に反応して、馬場の中ほどから内ラチ沿いまでモタれてしまいましたからね。本来は上手な立ち回りができる馬ですし、ルメール騎手も2度目の騎乗ならフルに力を発揮させてくれると思います」

久光ダンビュライトは、初の右回りとなる点も鍵でしょうが、ハミを替えてチークを着用しての追い切りでは真っ直ぐに走れていましたし、陣営も対策を練って臨む以上、前走のようなことはないと思います。前を見ながら好位に収まれそうな枠順も引けて、圧勝した新馬戦のような立ち回りが期待できるのではないでしょうか」

坂倉ダンビュライトはキャリアこそまだ2戦ですが、未知の部分が多い他の有力馬と比べて、最も計算できる馬だと思いますね。怖いのは極端なスローでの前残りでしょうが、前でレースをしたい馬が揃って適度な流れになるはずです。そういう流れだった先週の阪神ジュべナイルFが、上位人気馬の地力勝負となったんですから、素直にこの馬を信頼したいですね」

デスク「陣営の感触はどうなんだ?」

瀬古「前走は最後に内ラチに接触までしていたようで、やはり“真っ直ぐに走っていれば”との声が聞かれました。話にも上がったように、中間はリングハミとチークで調整され、その確認のために2週続けてルメール騎手が跨いでの併せ馬を消化。そのルメール騎手は“真っ直ぐ走れている。問題ない”と言っていますが、あとは実戦でどうかだけですね」

那谷「ルーラーシップ産駒は中距離向き、という定評が早くも流れているけど、音無厩舎ゆかりの母タンザナイトは短距離タイプだったし、この馬に関してはマイルがベストかもな」

ダンビュライト

牡馬一番手ダンビュライトはルーラーシップの初年度産駒(撮影:日刊ゲンダイ)

須藤「僕は、今年のメンバーが小粒に思えるので、スケールの大きさや将来性よりも、現時点での完成度を重視すべきかと。前走で重賞を勝っている割に印の薄いモンドキャンノには、早熟馬っぽい雰囲気もありますが、2歳戦のうちならこの馬で何とかなると思います」

細川「鍵は距離延長でしょうが、前走は馬群の後方でタメを利かせたことで、ゴール前の伸びにつながりました。“その経験が生きそう”と、陣営は色気十分でしたよ」

中邑「僕は、同じように重賞を勝っているのに人気を落としているトラストに注目してます。まぁ、その人気を落とす要因となっているのが前走の敗戦でしょうが、一連のステップレースでは東スポ杯のレベルが最も高いと見ていいですし、折り合いを欠いて直線でもモタれ気味、さらには差し馬が上位を占める中でコンマ4秒差に踏ん張ったのなら、5着でも能力の高さは示したと思います。坂路からコース追いに替えて十分な上積みが見込めますし、マイルの流れでスムーズに折り合えれば勝負になるはずです」

福田「返し馬から掛かっていたトラストの前走は、転厩初戦で陣営も仕上げに手探りな面があったことも確かやろ。この中間は、2週続けてコースで長目から前に馬を置いて辛抱させる追い切りで、中村師から“ほぼ完璧”いうコメントが出るくらいやから、感触はあるんとちゃうか。“行きたい馬がいるし、あくまでも折り合い重視”なら、ハナには行かんやろうし、思惑通りの競馬ができれば、っちゅうとこやろな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル