彗星ハートレーが武豊オーディンと激突 共同通信杯座談会

優馬TM座談会
共同通信杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二強ではなく一強ムード?

デスク「以前なら、賞金の足りているクラシックの有力馬は弥生賞やスプリングSから使い出すケースが多かったと思うけど、最近はこのレースの重要度が増しているよな。今年も、ここからクラシックへ始動する人気2頭の一騎討ちムードと見ていいのかな?」

武井「中でも無傷のハートレーでしょうね。初戦が4コーナーでは後方馬群の中、前走もロードクエストを待って4コーナー手前では被される形と、ともに不利な位置取りから自ら進路を確保して突き抜けたものです。着差以上の完勝と言っていいですし、捌きやすい頭数のここは死角がないと思いますね」

久光「新馬戦で見せたド肝を抜く末脚からも、中山より東京の方がいいことは明白ですし、気性面なども含めて総合的に判断すれば、僕は二強ではなく“一強”という見立てですね」

坂倉「朝日杯がGIなので、2歳王者のタイトルこそリオンディーズに持っていかれましたが、メンバーのレベルは朝日杯よりもホープフルSの方が高かったんじゃないでしょうか」

大江原「前半にモタつくところがある馬だけど、エンジンがかかってからの反応は抜群だからな。今回は過去2戦から1ハロン距離が短くなるけど“鞍上の指示に従順で操作がしやすいタイプ。距離云々は課題にならない”と、手塚師も自信タップリに語っていたし、順調な調整過程からも、力通りと見ていいんじゃないか」

ハートレー

前脚を高くあげる独特のフォームで追い切りを行ったハートレー(撮影:日刊ゲンダイ)

佐藤直「まぁ、ハートレーの強さは認めるけど、スタートが一息な上に、追い込みの利かないDコース。しかも雨予報なら、簡単にはいかないだろ。俺は一強ではなく“二強”。しかも、スマートオーディンの方が上と見るぞ。前走後に一息入ったけど、その間の体力強化が顕著で、最終追いも素晴らしい動きだったからな。持っているモノ自体もヒケは取らないはずだよ」

小野智「この東京1800mで重賞を勝っている、というのも大きなアドバンテージですよね。萩Sで2着に負けたことにより調教内容も替えて、いわば敗戦を糧として成長した馬ですし、何ら見劣ることはないと思います」

小島「モタれる面など、まだ若さからくる課題がある馬ですが、逆に言えばそれだけ上昇の余地もあるということです。前走で見せた末脚なら、ハートレーが相手でもキッチリ差し切ってくれるのではないでしょうか」

細川「この中間は、プール調教も取り入れて厩舎で調整してきましたが、陣営の思い通りに仕上っています。そのモタれる面も、この3ヶ月弱の成長で少しはマシになっているはずで、好勝負になるでしょうね」

デスク「よし、明日まで走っても2頭で堅い、ということで終了していいかな? 編集長」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル