佐藤直文 レース回顧 の記事一覧

全434件中 1~20件目を表示

シャケトラ

見事なまでの復活劇 菊花賞馬の猛追をシャケトラが凌ぎ切る

6歳とはいえキャリアは少な目シャケトラ前半1000mが62秒2、最初の2ハロン目を除いては乗り800m地点まで12秒台のラップが続くというス...

インティ

いよいよ次はGI獲りへ インティの快進撃は止まらない

鞭を一発入れただけの完勝劇インティ断然人気に推された5連勝中のインティが、目標とされることを厭わずにハナに立つ形。前半1000mのラップは6...

ラストドラフト

無傷の大物がまた1頭 驚きのレースセンスでラストドラフト

坂上で突き放し完勝ラストドラフトなかなかクラシックに直結しないレースで、その理由はいくつか挙げられるが、同舞台で行われる暮れのホープフルSが...

グローリーヴェイズ

またまた出てきた強い4歳 グローリーヴェイズが盾獲りへ

着差以上の完勝でグローリーヴェイズ前半1000mが58秒3というこの距離にしてはかなり速い流れだったが、そこからガクンとペースダウンしたこと...

フィリアプーラ

桜への扉を開く弾けっぷりで 前途洋々フィリアプーラ

最内枠から瞬発力勝負を制したフィリアプーラ前半3ハロンが36秒1というスローな入りだったが、その後もペースが上がらなかったことで、同じスロー...

ヴァルディゼール

今年もまたロードカナロア産駒 大化けも可能ヴァルディゼール

キャリア2戦でもレースセンス◎ヴァルディゼール時計のかかる馬場だったために、京都金杯と同様に1分35秒7という平凡な決着ではあったが、近年は...

パクスアメリカーナ

これはGIも視野に入る器 完全に本格化したパクスアメリカーナ

着差以上の強さを見せたパクスアメリカーナペースが遅かったとはいえ、1分34秒9というのは平凡な時計の決着。ただ、これは中山とは対照的に京都が...

ウインブライト

トップハンデも何のその 中山の鬼ウインブライトが初笑い

充実のウインブライト次のターゲットは…直前に行われた1200mのオープン特別カーバンクルSが、レコードにコンマ3秒差の1分7秒0。直後の10...

サートゥルナーリア

完全に違ったポテンシャル サートゥルナーリアが来春の主役へ

ミルコの手でまたも無敗の王者出現サートゥルナーリア前半1000m通過62秒5は、GI元年の昨年との比較でも3秒近く遅い超スローペースとなった...

有馬記念

グランプリ男に導かれたブラストワンピース 最大の勝因は序盤の「運び」

有馬でも強かった「3歳」ブラストワンピースレース前に良から稍重へと変更になった馬場状態だったにもかかわらず、決着タイムの2分32秒2は、いず...

ダイアナヘイロー

内枠&前有利の馬場でしてやったり ダイアナヘイロー、今ならマイルでも…

並びかけられてからもう一足ダイアナヘイロー前半3ハロンが34秒8と、この距離の重賞としては落ち着いた流れ。この日の阪神芝は外を回っての差しが...

アドマイヤマーズ

ベストの戦法で見せた牡馬の意地 アドマイヤマーズが無傷で春へ

気性よし、距離の融通も利くかアドマイヤマーズ前半3ハロンが35秒3、1000m通過59秒5というラップは、先週の阪神JFと比べても遅く、しか...

ミスパンテール

ゴール直後に会心のガッツポーズ 名手に導かれミスパンテールが連覇

一瞬の脚を生かしてミスパンテール少し立ち遅れたカワキタエンカが外から一気にハナへ行ったこともあって、テンの3ハロンが34秒2、1000m通過...

ダノンファンタジー

今年も暮れにダノンが躍動 夢はさらに広がるダノンファンタジー

テン乗り鞍上も見事なエスコートダノンファンタジー前半3ハロンが34秒8、1000m通過59秒1というラップは、遅くはないが速くもないというこ...

コパノキッキング

これぞまさしく異次元の脚 コパノキッキング、能力は既にGIレベル

「ハマった」わけではない大外一閃コパノキッキングテンの3ハロンは33秒4。遅くはない流れだが、実際にこのラップを刻んで逃げた馬が2着に残った...

競馬イメージ

勢い止まらぬ3歳勢 ギベオンが中距離路線に存在をアピール

最後は3歳馬と7歳馬の差かギベオン逃げたマイスタイルは前半1000mを58秒7で通過し、その後もペースを緩めなかった。いくらこれが“マイスタ...

ルヴァンスレーヴ

ダートの王者も3歳馬 世界も視野にルヴァンスレーヴ

文句のない勝ちっぷりルヴァンスレーヴ昨年の覇者であるゴールドドリームが直前に回避したのは残念だったが、それでも現役最強のダート王者を決めるに...

エアウィンザー

完全に本格化したエアウィンザー 来春の大阪杯でも期待

この走りならGIの舞台でもエアウィンザー開幕初日の馬場で、しかも内回りコースということもあって、道中の位置取りや立ち回りの差が着順に表れた一...

リッジマン

リッジマンが資質示して初重賞V 今後の長距離戦線を担う存在に

これぞまさしくステイヤーリッジマン同一重賞4連覇の偉業がかかったアルバートが当日の朝に出走を取り消したことで、一気に混戦ムードとなったが、例...

ダノンスマッシュ

父の歩んだ道へ ダノンスマッシュは次代のスプリント界を背負う存在?

完璧なレース運びで重賞初Vダノンスマッシュ前半3ハロンが34秒1と、この距離の重賞としてはけっして速くはない流れ。内枠3頭の決着だった先週の...

全434件中 1~20件目を表示

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン戦線の行方は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル