佐藤直文 レース回顧 の記事一覧

全304件中 1~20件目を表示

パフォーマプロミス

パフォーマプロミスが重賞一発ツモ 春の盾でも伏兵以上の存在に

古馬長距離戦線に新風をパフォーマプロミス前半1000m通過が62秒0と、この舞台の長距離戦ではありがちなゆったりとした流れ。そこからも12秒...

ジェネラーレウーノ

正攻法Vジェネラーレウーノには、ホープフル組以上の評価を

皐月へ期待膨らむジェネラーレウーノ暮れのホープフルSがオープン特別から重賞へ、そして昨年からはGIへと昇格したことにより、僅か半月後の同舞台...

競馬イメージ

6番人気の評価は低すぎた? 流れに乗って完勝エテルナミノル

課題のスタートを克服エテルナミノル馬場改修後の近5回の馬券対象馬15頭中、前走で条件戦を使っていた馬が9頭、実際に条件級からの格上挑戦だった...

アーモンドアイ

大外から次元の違う脚 アーモンドアイが一気に桜の女王候補へ

どうにも止まらぬ“戸崎&シルク”アーモンドアイ土曜の枠順発表直前に有力視されていたエアアルマスが出走を取り消した上に、当日も雨で稍重の発表以...

プリモシーン

新種牡馬旋風に待った ディープ娘プリモシーンが桜へ名乗り

自在性獲得で益々楽しみプリモシーン例年のように条件馬が出走馬の大半を占めることもあって、この時期のマイル重賞となった2009年以降の過去9回...

ブラックムーン

2018年の幕開けも武豊&ブラック 大外一気にブラックムーン

天才ならではの鮮やかな騎乗ぶりブラックムーン半マイル通過が46秒8とそれほど速かったわけではないが、スタートから2ハロン目までの先行争いが激...

セダブリランテス

新年に飛躍を誓う セダブリランテスが5戦4勝でGI戦線へ

着差以上に強い勝ちっぷりセダブリランテス前半1000mが61秒5のゆったりとした流れは、昨今の中距離重賞では珍しいものではないが、ただでさえ...

タイムフライヤー

月イチで使われグイッと成長 タイムフライヤーが春の主役候補へ

自ら動いて強い勝ち方タイムフライヤーGI昇格元年のみならず、昨年の勝ち馬レイデオロがダービー馬となったこともあり、朝日杯フューチュリティSに...

キタサンブラック

断然人気に応えたキタサンタのプレゼント ラストもまつりで大団円

陣営の仕上げも見事キタサンブラック引退レースで有終の美を飾る大団円決着となった有馬記念だが、絶好枠から先手を取ってスローのマイペースで運んだ...

イスラボニータ

ラストランでレコードV 強いままでイスラボニータもターフに別れを

フジキセキの後継種牡馬としても期待イスラボニータテン3ハロンが33秒8のハイラップが、結果的にレコード決着を生んだと言えるが、23年もの間破...

ダノンプレミアム

モノが違ったダノンプレミアムは、マイルの範疇に留まらない馬

驚愕の1分33秒3ダノンプレミアム一週前の阪神ジェべナイルFの勝ちタイムが1分34秒3で、今年のメンバーレベルなら1分33秒台の決着になると...

ミスパンテール

混戦を断ったベテランの腕 3歳ミスパンテールが重賞初V

一級品のキレ味でミスパンテールテンの3ハロンが35秒9と遅めの入りだったが、以降は淀みなく流れ、けっして速くはないが極端なスローでもなかった...

ラッキーライラック

ラッキーライラックが無敗対決を制す 上位3頭は桜花賞でも期待

父に大きなプレゼントラッキーライラック半マイル47秒7という緩めの流れで、瞬発力はもちろんのこと、位置取りや折り合いなどを含めた操作性の高さ...

ディオスコリダー

ダート短距離界にも新星誕生 ディオスコリダーが古馬を子供扱い

着差以上の完勝ディオスコリダー好調馬が揃い、けっしてメンバーレベルが低かったわけではなかったが、テン3ハロンが34秒0と落ち着いた流れになっ...

競馬イメージ

待望の重賞初制覇も まだまだこれからメートルダール

非の打ちどころがないレースぶりメートルダール前半1000mが60秒7と、重賞としてはけっして速くない流れ。レースの上がり3ハロンが34秒3と...

ゴールドドリーム

名手が引き出した怒涛の鬼脚 ゴールドドリームここに復活

馬を動かすムーアの技術ゴールドドリーム紙面のコラムでも触れたが、中京1800mダートは何よりペースの読みが大切で、このコースでの施行となった...

サトノクロニクル

3歳馬サトノクロニクルが“もうひと伸び”でV 次は有馬でも…

菊の鬱憤を晴らしたサトノクロニクル前半1000mが59秒9と、開幕週の絶好馬場を考えれば遅い流れ。内回りコースでもあり、3角過ぎから各馬が早...

アルバート

もはや暮れの風物詩と言える最強タッグ アルバート&ムーアが3連覇

外目進出から何の苦労もなくアルバートGIIの別定戦としてはメンバーの質のみならず頭数も少し淋しい感を拭えない一戦となったが、レース2連覇中の...

ネロ

一年ぶりの逃走劇 ネロは逃げたら良馬場でも止まらない

吉原寛人が押して持たせてネロこの秋の京都は降雨下での施行が続いた上での最終週で、良発表とはいえ1分8秒8の決着タイムが示す通りの荒れ馬場。上...

シュヴァルグラン

明暗を分けたローテーション 完璧な競馬でシュヴァルグランが悲願達成

代打ボウマンの大仕事シュヴァルグラン秋の天皇賞からここ、という王道ローテーションは、通常の年なら危惧する材料とならないが、今年はやはり違って...

全304件中 1~20件目を表示

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル