佐藤直文 レース回顧 の記事一覧

全458件中 1~20件目を表示

エメラルファイト

ゴール前でファイト一発 「噛み合った」伏兵エメラルが皐月へ

スムーズな競馬ができれば本番でもエメラルファイト優馬紙面のコラムでも書いたとおり、近年は朝日杯FS上位組に、遅れてきた素質馬が挑むという図式...

シャケトラ

相手に恵まれたとはいえ… 完全復活シャケトラが盾へロックオン

反動も距離不安も杞憂にシャケトラ春の天皇賞へ向けての重要なステップレースという位置付けであるが、今年は暮れのステイヤーズSから続く長距離路線...

コントラチェック

丸山J会心の逃げ切り 間違いなく「その先」が楽しみなコントラチェック

影を踏ませずレースレコードコントラチェック3週後に控える桜花賞よりも、その先のフローラS、そしてオークスへと繋がる一戦。1分47秒4という優...

競馬イメージ

直線あっという間に マイルより千四ベストのハッピーアワー

重賞初Vの師にハッピーアワー前半3ハロンが34秒2という少し渋り気味の馬場を考えればマズマズのラップ。脚さえあればどんな位置からでも、という...

ノーワン、プールヴィル

同着決着のノーワンとプールヴィル 桜花賞では「少し厳しい」

内外、相譲らずノーワン&プールヴィル重賞勝ち馬が不在の小粒な組み合わせ。過去10年の桜花賞で、ここをステップに連対を果たしたのは一昨年のレー...

ダノンプレミアム

鮮やかすぎる復活劇 ダノンプレミアムに「現役最強馬」の可能性

世代ナンバー1の実力を証明ダノンプレミアムそれぞれ目標が先にあるとはいえ、GI馬が5頭揃い踏んだ豪華なメンバー。中でも、その走りに最も注目が...

フロンテアクイーン

シルバーコレクターの汚名返上 フロンテアクイーンに遅すぎた春到来

三浦Jも好騎乗で700勝フロンテアクイーン例年だと小回りコース特有の締まったラップにならずに坦々とした流れになることが多く、カワキタエンカが...

メイショウテンゲン

道悪になれば本番でも メイショウテンゲンが人気勢を嘲笑う

さらに距離が延びても…メイショウテンゲン朝から降り続いた雨により、芝は9レースの時点で稍重から重へと変わった。その9レースでは道中で内を回っ...

モズスーパーフレア

前半32秒3の衝撃 モズスーパーフレアの「速さ」は優にGIレベル

誰も付いて行けない逃走劇モズスーパーフレアテンの3ハロンが32秒3というのは、ちょっとお目にかかれない数字。このレースが重賞となった2006...

ダノンファンタジー

一瞬ヒヤリも余裕のV 2歳女王ダノンファンタジーが好発進

陣営の仕上げも見事ダノンファンタジー本番の桜花賞と同距離ということもあって最重要トライアルの位置付けがなされているが、有力馬は本番を見据えた...

ウインブライト

他馬の凡走に助けられたわけでは… ウインブライト今なら中山以外でも

GI馬5頭を従えての連覇ウインブライトケレン味のないマルターズアポジーの逃げにより、1000m通過は58秒2と、各馬が力を発揮できる淀みない...

スマートオーディン

独壇場と言える豪脚 スマートオーディンが路線を替えて見事に復活

距離短縮で折り合いピタリスマートオーディン外目の枠からダッシュを利かせてハナを奪ったダイアナヘイローに絡む馬もなく、前半3ハロンは34秒4と...

インティ

7連勝で一気に頂点へ 止まらないインティの止まらない進化

サクセスストーリーはまだこれからインティ最近3年はいずれもハイラップで差し・追込勢が台頭する流れとなっていたが、ガンガン飛ばすタイプが不在の...

競馬イメージ

誰も予想しなかった展開の中 スティッフェリオが持ち味発揮

57キロでももう本物だスティッフェリオ逃げ・先行馬が揃って先手争いの激化も予想されたが、マルターズアポジーが出遅れて、マイスタイルもテンから...

ユーキャンスマイル

「力が違う」ユーキャンスマイル 春天が楽しみになる完勝

菊花賞3着馬が示した実力ユーキャンスマイル10頭立ての少頭数のみならず、うち4頭が条件馬。春の天皇賞へのステップとも位置付けされる重賞として...

デアレガーロ

むしろパワーアップ プラス32キロのデアレガーロ文句なし

キッチリ捉えて初重賞制覇デアレガーロ前半3ハロンが34秒7という適度なペースで、本来はどの位置からでも、という流れだったが、上位6着まで二桁...

クロノジェネシス

瞬発力勝負になればクロノジェネシス 余裕の手応えで完勝

桜ではハイペースへの対応が鍵にクロノジェネシス少頭数ながら、阪神JFの2,3着馬が桜へのステップに選択し、好素材の1勝馬も顔を揃えた。ただ、...

ダノンキングリー

並みの馬では出せない32秒9 勢力図を塗り替えたダノンキングリー

2歳王者との無敗対決を制すダノンキングリー4戦無敗の2歳王者アドマイヤマーズがハナを切って、前半1000mは61秒5。結果的にはペースを落と...

ダンビュライト

誰よりも癖を知る松若Jに導かれ ダンビュライトが混戦を制す

文句の付けようがない騎乗ダンビュライト確たる逃げ馬が不在のメンバー構成だったにしろ、タイムフライヤーがハナを切るという展開は、ちょっと読めな...

インディチャンプ

近年とはまったく異質の一戦で 着差以上の完勝インディチャンプ

マイル王の座までノンストップ?インディチャンプ前半3ハロンは34秒5と、びっくりするような速い入りではなかったが、そこからペースが上がって4...

全458件中 1~20件目を表示

ドバイワールドカップ 2019

ドバイワールドカップ特設サイト

2019年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル